藤堂平助役 藤本宏次郎 インタビューその3

『バシケン』今回藤堂役となりましたので、一言お願いします。

『藤本』ざっくりしてますね(笑)そうですね…主役ではないんですけどキーマンというか、かなり大事な役どころなので前回以上に繊細に大切に演じていければと思っております。

『バシケン』今回出演するにあたった経緯を教えてください。

『藤本』前回の月想公演からの…流れですかね。そのまま誘って頂いたのでじゃあ是非出させてくださいということで。

『バシケン』いつの間にかいたみたいな(笑)

『藤本』そうですね(笑)レギュラー出演みたいな感じですけど(笑)

『バシケン』今回のリーディングの見どころはなんでしょう。

『藤本』普通新選組っていうと動きのある作品が多いので。そこをあえてリーディングで表現しているってところ。リーディングならではのところを楽しんでいただけたらと思います。

『バシケン』声優ならではの表現の仕方みたいな。では、役を演じていて楽しいところ、難しいところを教えてください。

『藤本』楽しくも難しいところで…なんていうんでしょう、色々考えている人なんで藤堂さんって人は。それをストレートに言えない難しさというか…人間的な難しさを持ってる人なので。

『バシケン』結構日本人ぽい人ですよね。

『藤本』そうですね、奥ゆかしいというか。それを表現するのが楽しくも難しいですね。今まであまりやったことのない役なので。前回とは雰囲気も違うので。

『バシケン』はい。では他の出演者で一押しの方がいたら教えてください。

『藤本』それはもうもう一人の藤堂さんですよ。中田(俊輔)さんを。僕とは違うお芝居のプランなので出来れば二つの藤堂どっちも見て頂ければと思います。

『バシケン』なかなかいい宣伝文句ですね(笑)ではありがとうございました。本番よろしくお願いします。

『藤本』ありがとうございました。よろしくお願いします。

↓公演情報はこちら

二月公演情報

↓公演のご予約はこちら

チケット予約

2017年1月26日 藤堂平助役 藤本宏次郎 インタビューその3 はコメントを受け付けていません。 出演者紹介