「狗傳 改め」まき役・相川なつ 小春役・萱沼千穂 インタビューその4

↓二月公演情報はこちら

二月公演情報

『バシケン』では今回出演するにあたった経緯を教えてください。

『相川』前回の公演月想に出させて頂いて、今回この舞台もどうということで出演させていただくことになりました!

『萱沼』私は前々回の公演に同じ事務所の子が出演していて、今回もオファーを頂いて同じ事務所で誰かいませんかっていう形で白羽の矢が当たった形です。

『バシケン』今回のリーディングの見どころはなんでしょう。

『相川』うーん…それぞれの生き方。それぞれの役の生き方が見どころだと思います。

『バシケン』幕末ですからね。

『相川』女性陣には女性陣の生き方があるし、新選組の人達もそうだし、攘夷の伊東さんとかもそうですね。

『バシケン』役を演じていて楽しいところ、難しいところを教えて下さい。

『相川』まきは基本的に難しい役だなと思っていて…自分の本心を隠しているところとか強がっている部分が多いので…なかなか難しいんですけど、難しいからこそやり甲斐があるなと思います。

『バシケン』女性の中では一番美味しい役だと思うんですけどね。

『相川』そうですね、頑張ります。

『萱沼』小春は、まき、しずと違って自分に近い年齢とかではないので…そこが難しいところでやりすぎるとキャラクターになっちゃうしやらなすぎると大人になっちゃうしで難しいかなと思います。

『バシケン』ははあ。他の出演者で一押しの方がいたら教えてください。

『相川』難しいなあ…でも私的には中田(俊輔)さんが一押しなんですけど。前回月想に一緒に出演させて頂いた時は中田(俊輔)さんって女口調のオカマみたいな役だったので。そのお芝居のイメージがすごいあったんですけど。今回はクールな藤堂役なので。前回からの差がすごい面白いなと思います。

『萱沼』えーと正直まだ現時点でキャスト全員の名前が分かっていないんですけど(汗)宮下(栄治)さんと児玉(進吾)さんが見ていてあーすごいなって思うところがあります。

『バシケン』あー永倉と伊東甲子太郎ね。いーよね。では今回ダブルキャストですが、同じ役の相手に刺激を受けることはありますか。

『相川』ありますよね。同じ役でもその人によって全然演じ方とかアプローチの仕方とか違うんで。刺激は受けますけどマネしないというか…勉強になる部分はあるけど自分なりのやり方をしていきたいなと思っています。

『萱沼』大体同じ意見なんですけど。小春も子供の役の作り方って全然違うと思うんですけど、相手とは違う小春を作りたいなと。自分なりの小春を出せるように。でも相手の演技を見るとああするんだ、こうするんだって刺激になりますね。

『バシケン』では最初に台本を読んで何役をやりたいと思いましたか。

『相川』悩んだんですけど最終的にまきがやりたいなと思っていたので…実際まきになってよかったです。

『バシケン』おーそれは良かったです。

『萱沼』わたしは逆に(老けの)しずとかがやりたかったのでまさかの小春か…みたいな。まさか子供がくるとは、という驚きがありました。でもやり甲斐はありますよね。

『バシケン』しずがやりたい理由みたいなのはあったんですか。

『萱沼』台本を読んでいて面白そうだなってところがあってやりたいなと思っていたんですけど…蓋を開けてみると、小春がとてもやりがいのある役で、普段やらない子供の役なのでしっかり勉強しつつものにしたいですね

『バシケン』ではありがとうございました。本番もよろしくお願いします。

『相川』『萱沼』ありがとうございました。よろしくお願いします!

↓相川なつ扱いご予約はこちら

相川なつ・チケット予約

↓萱沼千穂扱いご予約はこちら

萱沼千穂・チケット予約

2017年1月27日 「狗傳 改め」まき役・相川なつ 小春役・萱沼千穂 インタビューその4 はコメントを受け付けていません。 出演者紹介