伊東甲子太郎役 松原大典 児玉進吾 役者インタビューその5

↓二月公演「狗傳 改め」詳細はこちら

二月公演情報

『バシケン』えーでは伊東甲子太郎役のお二人にお話を伺っていきます。よろしくお願いします。では今回出演するにあたった経緯を教えてください。

『児玉』僕は前回出演させて頂いたのでそのままお願いしますみたいな。

『バシケン』今回の演目をやると決まった時に、伊東甲子太郎はとりあえず児玉でしょってすぐなったみたいだけど。

『児玉』そう聞きました。一番最初から僕はどんな役かも教えられてなくて。でも作品の中で児玉君にピッタリの役があるからって言われ続けてて。だからどんなのだろうってプレッシャーしかなかったんですよね。

『松原』僕はチームラフスタイルとレイドバックさんに縁をたくさん感じて。バシケンは専門の頃の同級生でクラスメイトだし、演出の青木さんは別の仕事で何度も一緒にお仕事させて頂いたりとか。前回の公演月想に僕の先輩私市淳さんが客演で出ていたり。近藤役のはらさわさんとはお仕事ご一緒したことはないんですけど二年連続ぐらい一緒にキャンプ行ってるぐらいで。

『児玉』そうなんですか!?プライべートな繫がりが(笑)

『松原』だからこの劇団はすごい知り合いが多かったのと、丁度舞台経験してみたいなと思っていたんで。あと宮下さんの前回の芝居に惚れたんで。

『児玉』いやーかっこよかったですよね。

『松原』なのでもし次の機会ある時はお願いしてもいいですかってことで今回出演させて頂くことになりました。

『バシケン』では今回の見どころはなんでしょう。

『児玉』前回よりかは立ち回りのシーンでドタバタ動き回ったりっていうのは少ないかもしれないですけどその分人情というか、気持ちの掛け合い、戦いっていうところが多いのでその辺を見て頂きたいですね。

『松原』アニメでもないですしファンタジーでもない史実なのであんまり脚色とかそういうものもないですし見る人によっては知ってる事実なので。新選組終焉の辺りの話なんでその辺りでお客さんにどうその時代の人たちの生きざまを伝えてあげれるか。人間愛とかそういうものを見て頂ければと思います。

『バシケン』では役を演じていて楽しいところ、難しいところがありましたら教えてください。

『児玉』いやー…さっきも言った通りこの役は合うから、自分自身に出来るからと言われてたんですけど。伊東甲子太郎自体がすごく頭のいい人で目配り気配りとかが狡猾な方なので、難しいですよね。落としどころというか、落としきれるまで深く落とさないと。いつまで経っても伊東甲子太郎っていうものを演じれないというか、中途半端なものになるので。児玉甲子太郎になっちゃうので。

『バシケン』なるほど(笑)

『児玉』そこらへんが非常に難しいですね。

『バシケン』でもその落としどころが上手く嵌まると楽しいと。

『児玉』そうですね。

『松原』楽しいっていう部分は多分この台本の役の中で一番自由に演じれるというか。さっき脚色はあんまりないと言ったんですけど…近藤とか永倉とか固定的なイメージがあるなかで、表現のふり幅が大きく出来るのが伊東甲子太郎だと思うのでその辺はやっていてやりがいがあるんですけど。その分ふり幅がありすぎてやりすぎてもダメだしやらなすぎてもつまらない…あと伊東甲子太郎がどうやって人の心を巻き込んでいったんだとか。頭のいい人なんで、そこも含めて難しいなと思いますね。

『児玉』いい意味でも悪い意味でもぶっとんでますからね。

『バシケン』確かに。ではダブルキャストですが、お互い刺激を受けることはありますか。

『児玉』全然ありますよ。僕的には松原さんが年上でもありますし演技としても役者としても先輩なので色々勉強することがあります。

『バシケン』あれ、年上だっけ?

『松原』えーと…俺さんじゅう××…

『児玉』ああ?!そうなんですか?!下でした!

『松原』(笑)

『児玉』上だと思ってた。でもそのくらい貫禄があるってことで(笑)でも役者としては先輩ですし自分の思いつかないお芝居をされるので、すごく勉強になるんです。

『松原』僕自身声優の仕事中心で舞台芝居っていうのは今まであんまりやったことがなかったんです。自分自身は今かなり(役作りで)苦しんでいますけど…相手の児玉さんが演じるところを見たときに…やっぱりわかるんですよね、なんで児玉さんにいい役があるよってなっていたのかと。声を聞いた時の一言目とかの「あら」とか、「ねえ〇〇さん」とか言った時のいやらしさというか、人柄が見えてくるんですよね。それが僕はうらやましいですね。役を作るとは別で、児玉さんは普通にしゃべるだけで意味深な、ちょっと裏がありそうな声なんだなと言う意味ではすごく役に合うなと思いました。

『児玉』気持ち悪さみたいな…

『松原』いや、いい意味でね(笑)いい意味で気持ち悪さがあります(笑)

『バシケン』分かりました。じゃあすごく長くなったんで、この辺で…(笑)

『児玉』(笑)後で編集が…

『バシケン』そう大変になるんで(笑)ではよろしくお願いします。

『松原』え、最後に一言とかないの。入れなくていいの。

『バシケン』あーではあれば。

『松原』いや特にないですけど(笑)

『バシケン』分かりました(笑)では本番もよろしくお願いします。

★↓チケット予約はこちら↓

[松原大典扱い 予約フォーム]

[児玉進吾扱い 予約フォーム]

2017年1月28日 伊東甲子太郎役 松原大典 児玉進吾 役者インタビューその5 はコメントを受け付けていません。 出演者紹介