「狗傳 改め」結城時政 役者インタビューその16

↓公演情報はこちら

二月公演情報

★今回の意気込みを教えてください。

今回新撰組の話を頂いた時は銀魂の新撰組思い浮かべてしまいましたが
、台本読んでみると一人一人の思いが熱く最後の展開では心が重く切なくなってしまいました
その作品に、今回参加ができまして嬉しいです!

★今回のリーディングの見どころはなんですか?

舞台美術です!自分が今まで出演した舞台の中で、男心をくすぐられるような形となってます!
実物を早く写真撮りたいです!

★役を演じていて楽しいところ、難しいところを教えてください。

浪士の役をやりますが上の上に書いた通り思いが個人個人ではなく組織的な思想なので、そこに思いを乗せどこにでもいそうな+ちょっとそいつの背景が見えるようなやつの役が今までやったことがなく苦悩してるとこを楽しんでます!

★他の出演者で一押しの方がいたら教えてください。

女性陣です、着物が可愛いです!

対談
★今回ダブルキャストですが、同じ役の相手に刺激を受けることはありますか?

自分、悪い子ではないのでチンピラの演技には刺激を受けてます!
怒らせたら怖いなーと思います。

★最初にクデンの台本を読んで何役をやりたいと思いましたか?

斎藤さんです!
‥影が薄いゆえに、たまに気配を消して楽しんでます!

↓結城時政扱いチケット予約はこちら

チケット予約

2017年2月13日 「狗傳 改め」結城時政 役者インタビューその16 はコメントを受け付けていません。 出演者紹介