ワークショップ講師インタビュー 中田俊輔

『バシケン』
それではもう一人の講師、中田俊輔さんにインタビューしていきます。

『中田』
よろしくお願いします。

『バシケン』
ではワークショップを始めるに至った経緯はあるんでしょうか。

『中田』
前からワークショップは不定期でやっていたりしたんですよ。
元々声優始めた時から後進を育てるというのを将来的にしたいなという思いが強くありまして。
今ようやく人に教えられる立場になったのかなという思いも自分の中でありますので、今回講師としてのお誘いがありましたので丁度よいタイミングだなと思い始めさせて頂きました。

『バシケン』生徒さんに教えるにあたって注意している点などはありますか?

『中田』
人それぞれ目標地点も違えば今持っている能力も違うし…声優を目指すにあたって気付いている部分、気付いていない部分一杯ありますので、それぞれにあったものを教えていければいいかなという思いがありますね。

『バシケン』
今年一月から受講している生徒さんは二か月経ちましたが、成長は感じられますか?
(このインタビューは3月初旬に音声収録したものを書き起こししたものです)

『中田』
成長…ううん…声優の勉強を始めたばかりの子が一人いて、その子は確かに分かりやすく伸びてはいますね。

『バシケン』
そうですね、最初の頃は本当にね。声出てなかったですよね。

『中田』
完全な素人だったのが今はちょっとは聞ける声にはなったとは思います。
ただ、二か月しか経っていませんので。
僕たちがやっていることは生徒にもよく言うんですけど、筋トレと一緒で時間がかかるんですよ。
筋肉付けるやり方と一緒で、こうやったら声が出るよとか、こうやったら感情表現上手くなるよとは言えるけれども、なかなかそれをね、明日すぐに出来るかと言うとね。
元々そういった心の筋肉というか、素養がある人はきっかけを与えただけですぐに出来ちゃったりもするんですが、それがない人は二か月だと…まだまだ。

『バシケン』
そうですね。でも中田さんは教え方上手いと僕自身も思っているんですけど。

『中田』
自分的にはそんなに教え方上手いとは思っていないんですけど。逆にどうなんでしょう?

『バシケン』
でも講義を聞いていると、自分もやりたくなるような感じなんですよ。
やる気を起こさせるというか。

『中田』
じゃあやりましょう。

『バシケン』
いや、やらないですけど(笑)

『中田』
(笑)…でもやる気を起こさせる、楽しくやるっていうのは一番だと思うので。楽しくないと続かないですから。

『バシケン』
ではこれからワークショップを受講する生徒さんが出てくると思うんですけど、どんな心構えで来てほしいですか。

『中田』
僕らは基本的にこうやったらうまくなったよ、ていう経験談だったり、自分が伸び悩んだ時等に参考にしたことなどを伝えることしか出来ないので。
受け身で来て欲しくない、というのが一番ですかね。
どういった声優になりたい、という明確な目標があって。それに対してアドバイスっていう方が一番その人が伸びると思うので。
逆に言うとそういう心構えで来てくれないとなかなか難しい世界ですよ、というのはありますね。

『バシケン』
ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

↓ワークショップ詳細・申し込みはこちら【募集期限3月31日迄】

ワークショップ詳細・申し込み

2017年3月14日 ワークショップ講師インタビュー 中田俊輔 はコメントを受け付けていません。 ワークショップ