6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー  『A横堀宇太郎』『B栄拓海』

『A横堀宇太郎』『B栄拓海』のインタビューは児玉進吾君がやってくれました(^◇^)

『児玉』
今回は、横堀宇太郎さんと栄拓海さんにインタビューしたいと思います、よろしくお願いいたします。

『横堀』&『栄』
よろしくお願いします!

『児玉』
ではまず横堀さん、ワークショップに通っていてteam.roughstyleのweb関係者として大変だと思います。
今回の意気込みをおしえていただいてもよろしいですか?

『横堀』
役作りなどもそうですが、すべてにおいて自分にできることを一つ一つ確実にやっていきたいと思います

『児玉』
それに尽きるということですね!ちからづよい!

『横堀』
恐縮です(笑)

『児玉』
では、続いて栄さん。
前々回の「月想」以来の出演となりますね。
栄さんは舞台などで活躍されていますが、将来的は声優を目指す方向性なのでしょうか?

『栄』
そうですね。最近、声優さんの出演される舞台やステージを拝見しまして、色々活動していきたいという気持ちがより一層強くなりました。

『児玉』
では役者としてマルチに動いていきたいと?

『栄』
いえ!!声優としてこだわってやっていきたいですね!!!

『児玉』
こちらも力強い。ぜひ頑張っていただきたいと思います。
では次の質問です。
今回のリーディングの見所、おすすめの役者さんなどいらっしゃいましたら教えていただけますか?

『横堀』
team.roughstyleで初めて「集団asif」さんの藤丸さんの台本を使わせていただくわけですけども、もう本当に・・心を抉るすばらしい作品でして、
この題材をとったというそのものが大きな見所だと思います。

『児玉』
どのシーンが~とは決めきれないと

『横堀』
そのとおりです!
あと、気になる役者さんですが・・・・う~~ん・・

『児玉』
なるほど、居ない!

『栄』
(爆笑)

『横堀』
いえいえいえいえ!!!
選びきれないだけです!!!
個人的には高瀬さんです。

『児玉』
高瀬さん、力強いですよね。
栄さんはどうでしょう?

『栄』
ゆきのさんです!

『児玉』
食い気味(笑)即答ですね

『栄』
もちろん先輩方も含め皆さん足元にも及ばないすばらしい方々なのです。
ただ、役者としても+ファンとしてもという個人的意見を付け加えての回答です!!

『児玉』
はい、力強いです
そんな、力強い思いと言葉のお二人でした。
ありがとうございました

『横堀』&『栄』
ありがとうございました!

★Aキャスト
横堀宇太郎
『誕生日』3月28日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
team.roughstyle第7回公演『狗傳改め』
イ・カントーリ第5回本公演 オペレッタ『こうもり』

★Bキャスト
栄拓海
『誕生日』7月1日
『所属事務所』劇団HowlBell(ハウベル
『主な芸歴』
KBC九州朝日放送「とっても健康らんど」 サラリーマン/水虫
Laid Back & team.roughstyle 特別公演「月想」 荒波碇之助
劇団HowlBell第二回公演「一日探偵~死体なき殺人~」 剛力弾

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー  『A大賀かや乃』『B春田南美』

『バシケン』
メイド・メリー役の大賀かや乃さんと春田南美さんにお話を伺っていきます。
よろしくお願いします。

『大賀』『春田』
よろしくお願いします。

『バシケン』
大賀さんは前二回公演の月想、狗傳改めと見て頂いたということで、念願の出演になるんでしょうかね。

『大賀』
最初は出演者さんからのお誘いで観劇させて頂いたんですが、なんだろうなあ…その当時は朗読劇と伺っていたので、最初は椅子に座って本を読むイメージだったんですけど。

『バシケン』
そうですね、朗読と言われると舞台上でね、座って本読んでる感じをイメージしますよね。

『大賀』
はい、でも月想を見て、なんだこれはと本当に…おお…と思って。
スタイル自体にすごく衝撃を受けましたし、ストーリーもすごく感慨深い物語だったので、面白い事されてる団体さんだなと思ったので、そこに関わらせて頂くのはすごい光栄なことですし、頑張ろうと思いました。

『バシケン』
ありがとうございます。春田さんはワークショップからの参加なんですけど、春田さんも公演を何回か見られてるとのことなんですけど。

『春田』
実はなんですけど、公演自体大賀と観に行ったんですよ。

『バシケン』
おおーなんと。

『春田』
月想の時は一緒に観に行って。狗傳改めの時は別々だったんですけど。
最初宣伝が来た時は朗読劇と言われてて。

『バシケン』
はい、みんなリーディングシアターと言わず朗読劇と言っちゃうんですよね(笑)

『春田』
でも別のところからはえ、舞台じゃないのと言われて。どっちなんだろうという気持ちで月想を見に行った時に、朗読劇ってこんなんだったっけ…?みたいな。
座って喋ってるイメージしかなかったので。
でもすごい熱量あるし、かと言って舞台でもないし…みたいな。

『バシケン』
結構実験的な感じなんですよね。新しいスタイルというか。
声優さんが演じるんだったらこういう風にやった方がもっと面白いんじゃないのっていうのを提示しているので。

『春田』
内容も時代物が大好きなので、月想は大賀の隣でずっと泣いていましたもん。狗傳改めも同様でした。
はあー、この団体さんに少しでも関われたらいいなと思っていて…ワークショップっていうのを聞いて、そういう技術を学べるんだと通い始めて、そこから今回出演することになって…。
もう、出演することが決まった時、えええ…?!もう言葉に表せないような状態で。
でも、出られるんだ…という嬉しい気持ちで。
でも大丈夫かな、いつか外されるんじゃないか…という気持ちもあります。

『バシケン』
うん、外す…いや、大丈夫そんなことないよ。多分大丈夫(笑)
では二人がお知り合いというのは今初めて知ったんですけど。
お互いの演技を意識するというか。そういうことはありますか。

『大賀』
同じ台本を読んで春田だったらどうするんだろうなっていう、役者としての興味はあります。
稽古中自分とは違った解釈で演じているので。それはすごく刺激にはなりますね。

『バシケン』
ほほう。春田さんはどんな感じですか。

『春田』
大賀さんだったらこんな感じで来るのかなっていう気持ちを持ちながら、実際見てみてああ、そうきたかと。じゃあ自分はどうするべきなんだろうと。
そこでダブルキャストなんで、じゃあ別の何か自分の中で出せたらなと考えています。

『バシケン』
はい。では最後に今回の公演の見どころを、ネタバレしない程度に教えて頂ければと。

『大賀』
見どころ…ありすぎて…(笑)

『バシケン』
ははあ…まだ自分でいっぱいいっぱいなところもありますかね。

『大賀』
それもありますね(笑)
今まで、二作品見させて頂いて、今回は作風が全く違うなっていうのは感じますし。
笑えるし泣けるし…感動出来るなっていうのは共通していると思うんですけど。
その…リーディングシアターならではの笑いとか感動。特に今回笑いはかなり多いと思うので。
その辺が今回の見どころかなと思います。

『春田』
自分は台本を初めてもらった時に最初すごい面白いなと思ってたんですけど後半…おおおーーんと…

『バシケン』
ほお、こうくるかーって感じですよね、後半。

『春田』
人間の理想ってそうだよなって気持ちもあり。
前回、前々回は時代物だったけど、今回はリアルな。

『バシケン』
現代物…のパラレルワールド的な感じですよね。

『春田』
そういった独特の世界の中のそれぞれのキャラクターの気持ちに着目して頂ければなと思います。

『バシケン』
分かりました。では稽古も本番もよろしくお願い致します。

『大賀』『春田』
よろしくお願いします!

★Aキャスト
大賀かや乃
『誕生日』6月17日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
コント演劇Q商会 第3回公演・第4回公演
福岡インディペンデント映画祭2015 CM出演・授賞式MC担当
音楽ライブ多数出演

★Bキャスト
春田南美
『誕生日』6月29日
『所属事務所』株式会社リンク・エンタテインメンツ
KBC とっても健康らんど「在宅ホスピス」主婦役
映画 「なつやすみの巨匠」マナーアップ動画

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

6月公演「匣~in the Secret」 執事 『A藤本宏次郎』『B福岡真樹』

執事のインタビューは児玉進吾君にお願いしました!(^^)!

『児玉』
執事役の藤本宏次郎くんと福岡真樹くんにお話を聞いていきます。よろしくお願いします。

『藤本』&『福岡』
よろしくお願いします!

『児玉』
まず藤本くんに質問です。
役柄を見た瞬間、藤本くんだ・・と思っていてその通りの配役になったそうです。
どのように演じていきたいですか?

『福岡』
うらやましい…

『藤本』
なるほど(笑)
そうですね、僕の中で思ってる執事のイメージとしては・・自分の立場はありつつ、裏のつながりもありつつという演じというか。
表面的な執事と奥様との関係など、表と裏を探りながら見ていただけたらなと思います

『児玉』
なんか・・色々あるっぽいもんね?

『藤本』
はい…。
その「なんか色々あるっぽい」やつを、僕の執事と真樹さん(福岡)の執事とで違うと思うんですけど
僕のやつは・・その・・いやらしさ全開でいこうかなと
いやらしさを楽しんでもらえたらなぁと(笑)

『児玉』
いやらしさですか…すごそう。では、福岡くんはどうでしょう?

『福岡』
ダブルキャストがフジモン(藤本)だと聞いたときからずっと思ってるんですけど、絶対にフジモンに負けたくねぇ!っていうのがあるんです。
僕が演じていると「変態だね」ってよく言われるので、今回はそれを惜しみなく遺憾なく出して演じきろうと思っています。

『児玉』
激しく同意です!

『福岡』
うるさいっすよ!(笑)
執事として自分の変態要素を踏まえて演じたいと思っているので、お客様に伝われば嬉しいなと思います

『児玉』
是非、劇場で

『藤本』&『福岡』
(笑)

『児玉』
次は福岡くんに質問です。
福岡くんはteam.roughstyleの公演を今まで3回見ていただけたということで。今回は念願の出演ということなのでしょうか?

『福岡』
そうですね!

『児玉』
・・質問が終わってしまいました(笑)

『福岡』
僕は今まで舞台しか出演したことがないんですけど、
team.roughstyleさんのリーディングシアターを見て、動きは確かに舞台に比べて少ないのですが、声と体と気持ちで演じていらっしゃってすごく感銘を受けました。
僕もそういう表現をお客様にお届けしたい!伝えたい!表現したい!と思ったのですごく嬉しくて楽しいです!

『藤本』
先輩方は頼りになりますし、すごく勉強にもなりますよね

『福岡』
もっと稽古で役を深めていきたいです!

『児玉』
では最後の質問です。
これから本番に向けて、本番での意気込みなどありましたらお願いします

『藤本』
表の子供たちのストーリーとは別に裏で大人たちのストーリーも進んでいるんだよというのを見ていただけたらなと。
そんな色濃い登場人物の執事の生き様をお見せできればなと思って頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

『福岡』
先程も言いましたが、リーディングシアターの出演は僕は初めてなので正直未知数です。でも伝えたい表現したいという気持ちは誰にも負けないと思っています!
特にフジモンには!(笑)
あと個人的にダークコメディ、ダークファンタジーは大好きなので頑張る気持ちに上乗せです!!
楽しいものをお届けします!よろしくおねがいします!!

『児玉』
はい、執事役の藤本宏次郎くんと福岡真樹くんでした。
ありがとうございました

『藤本』&『福岡』
ありがとうございました!!

★Aキャスト
藤本宏次郎
『誕生日』12月8日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
Laid Back & team.roughstyle特別公演「月想」
team.roughstyle第7回公演「狗傳 改め」

★Bキャスト
福岡真樹
『誕生日』1月24日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
【閲覧注意】SCOOP!恐怖映像 シーズン1

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

6月公演「匣~in the Secret」 主役・みつる 『A中田俊輔』『B福留雄司』

『バシケン』
では、今回は主役のお二人、中田俊輔さんと福留雄司君にお話を伺っていきます。

『中田』
 はい、どうもで~す。よろしくお願いします。 

『福留』
 よろしくお願いします。 

『バシケン』 今回はお二人が主役なんですが、お互いの演技を意識することってありますか? 

『中田』 
まぁあるよね 

『福留』 
はい 

『バシケン』 
そりゃそうですよね 

『中田』 
ダブルキャストの場合は絶対あるよー。 

『福留』 
気にしちゃいますね。 

『バシケン』 
ちなみに、あまり触れてはいけないかも知れませんが、年齢も一回りほど違うんですけど… 

『中田』 
そだね! 

『福留』 
確かに(笑) 

『中田』 
まぁでも前回もそうだったんで! 

『バシケン』 
確かにそうですね。ただこうやっぱり同じ役でも、本人の年齢によって違ったアプローチになるのかな?と思うところなんですが。 

『中田』 
今回に関しては両方から考えても若い役で、お互いが15歳とかの時の演技をすればいいだけなんで、となるとそこにキャリアの差は生まれないんじゃないか、ってのが俺の持論(笑) 

『バシケン』 
あーなるほど。 

『福留』 
いやーでもそこは技術的なものとかあると僕は思ってますよ。

『中田』 いやーそんなこと無いと思うし、福留くんそのままやったらピッタリ合うキャラクターなんで。

『福留』 
いやいや中田さんもメッチャ合ってるじゃないですか(笑) 

『中田』 
そこもだから、良いキャスティングだなと。 

『バシケン』 
確かに僕もオーディションを見ていて、福留くんが来た最初は違う役をやって貰おうかって話だったんですけど、やってもらって意外に 主役じゃない?って話になってね。 

『中田』 
これ言って良いか分からないけど、他の人を主人公にしようって思ってて…でもオーディションで福留くんに台詞読んで貰った時に、そのまま俺が福留くんを主人公にって◯つけたんだよね(笑) 

『バシケン』 
で俺もそれに同意して◯つけて、って感じだったので(笑) 

『福留』 
なるほど、そんな経緯があったんですね…!

『中田』 
なので、誰よりも合うな、とは思ってる。
だからそのままやってもらえればすごく良いものが出来るんで、逆に俺は今盗んでますよ(笑) 

一同笑い

『バシケン』 
盗むとは? 

『中田』 
なるほどな!こうやったらこう聞こえるのか、って言う。 

『福留』 
僕は本当に、やっぱり中田さんが出すものってのがあるので、そこはしっかり勉強したいですね。

『バシケン』 
分かりました。では主役だけあって最も台詞数が多くてずっと舞台上に出ている、と言う感じで大変だと思うんですが、演じる上で注意していこうみたいなものはありますか? 

『中田』 
注意…んー今までのラフスタでやってきたものと違って、コメディ色が強い部分があるので…前半ね!(笑)特に前半部分はコメディ色が強いので、今までやって来た演技プラス、何か見せられるものを足さないと行けないのでそこは意識してますね。 

『バシケン』 
福留くんはどんな感じですか? 

『福留』 
そうですね…僕実はこういう役ってやったことが無くて… 

『バシケン』 
無い?そうなんだ!? 

『福留』 
実は無いんですよ。

『中田』 
そのままなのに。

『福留』 
そのままって言われるんですけどね(笑) 

『バシケン』 
今まではどんな役をやってたの? 

『福留』 
今までは、もうちょっと高い年齢の役ばっかりなんですよ、28~30とかの役が多くて。なので実を言うと今回みたいな役って初めてなんです。 

『中田』 
そうだったんだー。 

『福留』 
はい。なのでどういう風にやっていこうかなって思ってる部分もあるんですよ。 

『中田』 
じゃあまぁ、これを気にこの路線に進出って感じ?(笑) 

『福留』 
それもちょっと、ありなのかなーって(笑) 

『バシケン』 
そうかじゃあ新たな一面を見せて貰えればと思います。 

『中田』 
かなり合ってるから良いと思う! 

『バシケン』 
なるほど分かりました(笑)それでは最後に!今回の『匣~in the Secret~』の見所をそれぞれお願いします。 

『福留』 
見所ですか・・・やっぱりこのお話って展開にメリハリがあるので、楽しむ所は楽しむ、しっかり見る所はしっかり見る、と言うか。
場面が変わるごとに、どういったものを伝えたいのかを感じ取って貰えるように演技したいと僕は思っているので、それがお客様に伝わるように頑張りたいです。 

『中田』 
今回もAキャストBキャストでまっっったく毛色が違うので… 

『バシケン』 そうですね。 

『中田』 
うん、ほんとに。
同じキャラクターでこんなに違うんだーってのがあって、一回見ただけでももちろん楽しいし、AB両方見たら『同じ台本で、こんなに変わるんだ』って面白さもまた出てくると思うので、何回も見に来てくれたら嬉しいなー。なんてね(笑) 

一同笑い

『バシケン』 
まぁ何故笑いが出るのか、と言うのは劇場で確認してもらえれば(笑) 

『中田』 
2回3回見るとすごいことになるかもしれません。 

『福留』 
そうですね、確かに(笑) 

『バシケン』 
では稽古もそして本番もよろしくお願いします。 

『中田』『福留』
よろしくお願いします。

★Aキャスト
中田俊輔
『誕生日』9月26日
『所属事務所』株式会社プロダクションエース
『主な芸歴』
TVアニメ「私がモテてどうすんだ」(良オタク)
海外アニメ「アバター伝説の少年アン」(ズーコ)
ナレーション「高校講座保健体育」

★Bキャスト
福留雄司
『誕生日』5月25日
『所属事務所』ワイスプロダクション
『主な芸歴』
モーションコミックPV「勝利の女神だって野球したい!」(鈴村、審判、ビール売り役)
TVアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」
TVアニメ「冴えない彼女の育てかた」
ゲーム「スターオーシャン5」

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」