6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー 夕凪役『A蒔田宏平』『B柴田翔平』

『バシケン』
では夕凪役の蒔田宏平君と柴田翔平君にお話を伺っていきます。
お二人共昨年10月公演「月想」、今年2月公演「狗傳 改め」に続いて三連続の出演なんですけど、もう何言われても大丈夫ですよね(笑)?

『蒔田宏平』
大丈夫なはずがないんですけど(笑)柴田君はね、わりと打たれ強いと思ってるんですけど。

『柴田翔平』
そうですね、何を言われても注文に応えようとはしようと思っていますけど。やっぱり…。役柄が月想、狗傳の時と比べても、現代劇になったこともありますけど全く演じたことのない役なので…若干二面性があったり、色々役作りで四苦八苦していますね。

『蒔田宏平』
そもそも僕はメンタルが豆腐なので…(笑)質問の最初からそんなことはないと全否定になるんですけど(笑)今言ったように現代劇になったこともあるんですがコメディをほとんどしたことがなくて。お笑い番組も見てる人に言わせると全く見てないじゃんって言われるぐらい普段見ないので…その辺の引き出しの無さをどうにかしないとなと。
だから稽古見ててああ、あの人いいなあとかこういうのあるんだあとか、みんなの演技を見て勉強させてもらってますね。

『柴田翔平』
何回出演しても、周りの人の演技で勉強になることは多いですよね。

『バシケン』
なるほど。蒔田君は「狗傳 改め」では多分一番最初に台詞を暗記してて、かなり練習してるんじゃないかなと感じたんですが。やはりリーディングでも暗記された方が演じやすいですかね。

『蒔田宏平』
暗記しないとというか…僕は家でやってこないと外でやれないんですよね。初めてやることに対して度胸がないのか、思った通りに出来ないと沈んでいくだけなので。だからそうならない為には家で反復練習するしかなくて。そうすると勝手に覚えちゃうし。そもそもそんなに僕の台詞量が主役の方とかと比べると全然多くはないので。

『バシケン』
ははあー腰が低いですね(笑)でもね、僕のお客さんとかからね、永倉、藤堂良かった、主人公良かった…は言われるんですよ。出番多いし美味しいシーンあるしね。んで、毛内良かったねーも、結構言われたんですよ。(毛内が蒔田くんが演じた役)

『蒔田宏平』
へー、ありがとうございます。

『バシケン』
それはやっぱり練習の積み重ねが実っているものがあるんじゃないかと思いますので。

『蒔田宏平』
そう言って頂くと泣いて喜ぶんで(笑)気を引き締めないとですね。

『バシケン』
そして柴田君は、僕の中では器用なイメージがあるんですけど。

『柴田翔平』
器用?あーなるほど…それは多分「狗傳 改め」で色々なジャンルの役をやらせて頂いたというのがあったので。そういうイメージ持っていただけるというのはありがたいですけど。多分…器用貧乏なところがありまして。自分でもそこそこ色々なことをこなせるなあとは思っているんですけどそれ以上の…殻を破るほどのものがないので。
今回の役に関しては結構突き抜けたところがあるので。そこで自分の殻みたいなものを破っていければなと思っております。

『バシケン』
ありがとうございます。最後に、お互いの演技を意識することはありますか?

『蒔田宏平』
ある、すごくあります。僕は柴田くんの演技を見ててすごいなーって思いながら見ているので、差を感じていますね。僕のが年上なんですけどね。

『柴田翔平』
でもね、コメディの部分とは裏腹に、勢いのあるシーンもあるので。そういう場面では蒔田さんは毛内だとか、月想でも激しい役を演じられてきたので。そこを越えていけるのかなと…対抗意識はありますね。

『蒔田宏平』
でもそこで僕が君に対抗できなかったら、立つ瀬がないから(笑)すごいプレッシャーがある。

『バシケン』
お互い刺激し合って。お互いいいものを作りあげていければということですね。では稽古も本番もよろしくお願いします。

『蒔田宏平』『柴田翔平』
よろしくお願いします!

★Aキャスト
蒔田宏平
『誕生日』5月17日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
アニメ映画「サマーウォーズ」
ラジオ「そこそこアニメを語るラジオ『そこ☆あに』」
アプリ「ドラ懸」

★Bキャスト
柴田翔平
『誕生日』6月18日
『所属事務所』ノンストップエージェンシー
『主な芸歴』
アプリ「戦国修羅soul」(伊達忠宗役)
リーディングライブ「UBUGOE vol6」出演

↓6月公演詳細はこちら

team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

2017年5月15日 6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー 夕凪役『A蒔田宏平』『B柴田翔平』 はコメントを受け付けていません。 出演者紹介