6月公演「匣~in the Secret」  脚本・藤丸亮(集団as if~)

『バシケン』
では、6月公演脚本の藤丸亮(ふじまるあきら)さんにお話を伺っていきます。ありがとうございます、本日は時間を作って頂いて。

『藤丸』
いえいえ、とんでもない。

『バシケン』
先日集団as if~の舞台を見させて頂いたんですけど。すごい斬新で驚いたんですけど、どうやってお話を作られているんでしょうか?

『藤丸』
元々芸術家肌ではないので…ロジックとかコンセプトを決めてしまってそこに人間模様を乗っけていくっていうのが多いんですけど。

『バシケン』
作家さんの勉強とかしたわけでもなく。

『藤丸』
ないですね。僕はほぼしてないですね。元々役者をやっていてそこから作・演出に転向したので好きな本を読み漁ったりとかそいうのはしましたけど、特別劇作家協会とかそういうのに行ったわけではないですね。

『バシケン』
色々本を読んでいく中で人間の素直な欲望というか。悲劇的というか、醜い部分が多々出てると思うんですけど。そこは藤丸さんの好みなんですかね。

『藤丸』
そうですね…そうですね(笑)はい。インタビュー記事に書けないような暗い過去も一杯あるんですけど(笑)それは置いておくとして。
あんまりハッピーエンドが好きではないというのもありまして。
ご都合主義に感じてしまうこともあって。それはそれとしてニッチなところというか色々な理由はあるんですど、あんまり他がやってないからニッチなところで勝負しようっていうのもあるし、そもそも暗い話が好きだっていうのもあるし。
遊園地の中のお化け屋敷ぐらいの役割で認知されていくといいかなと思っていますけどね。

『バシケン』
なるほど。では6月公演の台本をリーディング用に書き直して頂いたんですけど、書き直すに辺り注意したこととかはありますか?

『藤丸』
なるべく声だけの表現で分かるようにとか、あとは逆にそこまで説明台詞にしなくても分かるだろっていうところのバランスは気にしましたね。

『バシケン』
そうですね。朗読の本を提示されると、結構説明台詞が多いっていう印象がありますね。

『藤丸』
そうなんですよね。そこまでしなくてもねっていう。その先にあるのは想像力だと思うので。お客様が聞いてて分かる想像っていうものは…このぐらいでどうだろう?っていうラインはある程度気にしましたね。

『バシケン』
ありがとうございます。では最後に6月公演の台本の見どころというか脚本的にはここを見てほしいとかありましたらお願いします。

『藤丸』
誰もが持っているかもしれない二面性、激しい感情をキャストさんが熱く演じてくださると思うので…。

『バシケン』
隣でキャストさん(宮下・金澤)が苦笑いしてますけど…(笑)

『藤丸』
笑い泣き、怒ったり、憤って…キャストと同じように感情を揺さぶられて頂くと幸せだなと思います。

『バシケン』
分かりました。今後ともよろしくお願いします。

『藤丸』
よろしくお願いします。

脚本・藤丸亮(集団as if~)

集団as if~主宰。
集団as if~作品の脚本、演出を手掛ける。

他、外部団体の演出、脚本、自主制作映画の脚本なども請け負う。

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

2017年5月18日 6月公演「匣~in the Secret」  脚本・藤丸亮(集団as if~) はコメントを受け付けていません。 公演情報