6月公演「匣~in the Secret」  脚本・藤丸亮(集団as if~)

『バシケン』
では、6月公演脚本の藤丸亮(ふじまるあきら)さんにお話を伺っていきます。ありがとうございます、本日は時間を作って頂いて。

『藤丸』
いえいえ、とんでもない。

『バシケン』
先日集団as if~の舞台を見させて頂いたんですけど。すごい斬新で驚いたんですけど、どうやってお話を作られているんでしょうか?

『藤丸』
元々芸術家肌ではないので…ロジックとかコンセプトを決めてしまってそこに人間模様を乗っけていくっていうのが多いんですけど。

『バシケン』
作家さんの勉強とかしたわけでもなく。

『藤丸』
ないですね。僕はほぼしてないですね。元々役者をやっていてそこから作・演出に転向したので好きな本を読み漁ったりとかそいうのはしましたけど、特別劇作家協会とかそういうのに行ったわけではないですね。

『バシケン』
色々本を読んでいく中で人間の素直な欲望というか。悲劇的というか、醜い部分が多々出てると思うんですけど。そこは藤丸さんの好みなんですかね。

『藤丸』
そうですね…そうですね(笑)はい。インタビュー記事に書けないような暗い過去も一杯あるんですけど(笑)それは置いておくとして。
あんまりハッピーエンドが好きではないというのもありまして。
ご都合主義に感じてしまうこともあって。それはそれとしてニッチなところというか色々な理由はあるんですど、あんまり他がやってないからニッチなところで勝負しようっていうのもあるし、そもそも暗い話が好きだっていうのもあるし。
遊園地の中のお化け屋敷ぐらいの役割で認知されていくといいかなと思っていますけどね。

『バシケン』
なるほど。では6月公演の台本をリーディング用に書き直して頂いたんですけど、書き直すに辺り注意したこととかはありますか?

『藤丸』
なるべく声だけの表現で分かるようにとか、あとは逆にそこまで説明台詞にしなくても分かるだろっていうところのバランスは気にしましたね。

『バシケン』
そうですね。朗読の本を提示されると、結構説明台詞が多いっていう印象がありますね。

『藤丸』
そうなんですよね。そこまでしなくてもねっていう。その先にあるのは想像力だと思うので。お客様が聞いてて分かる想像っていうものは…このぐらいでどうだろう?っていうラインはある程度気にしましたね。

『バシケン』
ありがとうございます。では最後に6月公演の台本の見どころというか脚本的にはここを見てほしいとかありましたらお願いします。

『藤丸』
誰もが持っているかもしれない二面性、激しい感情をキャストさんが熱く演じてくださると思うので…。

『バシケン』
隣でキャストさん(宮下・金澤)が苦笑いしてますけど…(笑)

『藤丸』
笑い泣き、怒ったり、憤って…キャストと同じように感情を揺さぶられて頂くと幸せだなと思います。

『バシケン』
分かりました。今後ともよろしくお願いします。

『藤丸』
よろしくお願いします。

脚本・藤丸亮(集団as if~)

集団as if~主宰。
集団as if~作品の脚本、演出を手掛ける。

他、外部団体の演出、脚本、自主制作映画の脚本なども請け負う。

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

5月12日稽古風景+臨時スタッフ追加のお知らせ♪

こんにちは、バシケンです。

5月12日はteam.roughstyle第8回公演「匣~in the Secret」、3回目の稽古でした。

実は8日が2回目の稽古だったのですがバシケン参加出来ず。

今回役者の皆さんが初めて稽古場で立って台詞言われているのを聞いたのですが…

流石リーディングシアターに何度も出演されている方々は、もう動きを付けながら自然に台詞を発しております。


そして…

ゲストの方が出ると空気が…変わる。


いやーすごい方々に出てもらえるんだなと。

にやにやしながら見ていました。

team.roughstyleにとって初挑戦のコメディなので、稽古場は常に笑いが絶えません。

素晴らしい公演になる予感しかしませんね!(^^)!

~~~~~~~~

★臨時スタッフ追加のお知らせ♪

そして…

「匣~in the Secret」の臨時スタッフが一人増えました!

正確にはレイドバックのブログ記事作成のお手伝いさんなんですが。

なんと!

児玉進吾くんがスタッフとして加わってくれましたーパチパチパチ(^◇^)

児玉くんは昨年10月公演「月想」、2月公演「狗傳 改め」と重要な役どころで出演して頂きました。

今回は役者ではありませんが色々とお手伝いして頂くことになりましたー(^^)/ありがたい!

これでバシケンは大分楽になるぜ!(本音)

★【今後の更新予定】

前回「狗傳 改め」にて好評だった役者インタビューを、今回は『全員分』掲載していきます(^^)/

だから…あの方や、あの方のインタビューも…見れちゃいますよ|д゚)

楽しみにしていてください(^◇^)

6月公演詳細はこちら

team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

★究極の目標★舞台では表現しきれない、リーディングでしか表現出来ないことを作る。そして追及し続ける。 ~リーディングシアターとはなんぞや~

※ここに書いてあることはあくまで個人的意見です。ご了承下さい。

こんにちはレイドバックのバシケンです。

私がレイドバックを作った動機は、最初に書いた以下の記事のように声優として活動している方達の発表の場を作りたいなという思いからです。

laid back発足のご挨拶

あれから早いもので2回、公演をプロデュースさせて頂きました。

私の中で色々と心境に変化も出てきましたし、どのように自分自身プロデュース業を行っていきたいか、明確になってきました。

その一つが表題の『舞台では表現しきれない、リーディングでしか表現出来ないことを作る。追及し続ける。』ということです。

次回も、team.roughstyleの6月公演をプロデュースさせて頂きます。

6月公演から、朗読劇じゃなく「リーディングシアター」という言葉を使わせて頂いております。

はて、リーディングシアターとはなんぞやと思いますよね。

ご説明させて頂きます。

舞台の表現とアフレコの技術を掛け合わせた、声優が舞台をやる時の新しい表現方法の一つとして「リーディングシアター」という言葉を提示しています。

簡単に言うと、舞台と朗読劇の中間ですね。

台本を持った舞台、とも言えますし。

舞台のようで朗読劇。

朗読劇のようで舞台…どちらにも当てはまらない感じです。

去年10月の月想、今年2月の狗傳 改め(くでんあらため)も、リーディングシアターなんですよ。実は。

けれども宣伝するときはお客様に分かりやすく伝える為に「朗読劇」と言っていたのですが。

朗読って一般的に座って淡々と話すイメージで眠くなるから苦手…という人が少なからずいらっしゃいます。

実際私も苦手です。

お客様の声で、朗読と聞いていて苦手なんだけど誘われたし付き合いで「狗傳 改め」見に来てみたら、全然イメージと違って出捌けがあったり動きがあって面白かった!という意見が多くありました。

ですので、今回から「朗読」という言葉を使うのはやめました。

そもそも、team.roughstyleがやっていることは「朗読」ではないですし。

ちなみに2月公演「狗傳 改め」ですが、「すごく面白かったけど、新選組のお話なんだし舞台でやればいいんじゃないの?」という意見はわりと多く頂きました。

しかし、私は「狗傳 改め」を舞台でやってもあんまり面白くないと思っています。

1つは話が鉄板すぎること。
1つは冒頭とクライマックス以外ではあまり動きがなく、会話劇中心であること。

だから、狗傳はリーディングシアターだからこそ面白い…と思っております。

あくまで個人的意見ですよ。

でも的外れな意見ではないと思います。

実際、「狗傳 改め」を観劇して是非次回公演に出たい!となり実際に次回6月公演に出演される方が今回かなり多いからです。

正直「狗傳 改め」は色々な課題が多く見つかり個人的には納得いっていない公演なのですが、それでも本気で創ったものに対して良い反応があるのはうれしいです。

~~~~~~~~

さて、『舞台では表現しきれない、リーディングでしか表現出来ないことを作る。追及し続ける。』

これについてそろそろ語っていきましょう。

いわゆる台本を持って舞台上に立つ、という表現をしている団体は10年前はあまりなかったんですが、最近はチラホラ見かけます。

ですが、演出という観点からは、この「台本を持っている」ということが制約になり、なかなか演出を付けるのが難しい…というのがあるようです。

一般的な意見として、全て台詞を頭に入れて自由に舞台上を動き回る舞台の方が、朗読やリーディングより面白い、上だ、と考えている人の方が多いのかなと感じています。

しかし。

声主体の表現だからこそ映える独自の表現が作れれば、これはすごいことなんじゃないかなと思っております。

言葉に出すのは簡単ですが、実際に「リーディングでしか表現出来ないことを作る」というのは非常に難しいです。

台本を持って舞台上で表現するという演出手法自体が、ここ最近ポツポツ出てきたことですから。

予算が天井知らずなら舞台上のモニターに絵を出したりとか色々出来ますよ?
でもそれはセットが豪華なだけで声の表現が素晴らしいことではないですし、どちらかというとリーディングシアターではなくアフレコだと思います。

つまりはまだまだ未知な領域です。

しかし、だからこそ伸びしろがあるとも言えるでしょう。

だから舞台をプロデュースすること以上に、リーディング団体をプロデュースすることに私は可能性とやり甲斐を感じるんです。

次回6月公演も、色々と新しいことしていきます。

公演内容も色々な意味ですんごい刺激的です。

そして近い将来『リーディングでしか表現出来ないこと』が舞台上で実現する日が来るでしょう。

でも、実現したとしても、それで終わりじゃないです。

仮にこの『リーディングでしか表現出来ないこと』が作れた、としましょう。

おおすごい、こんな表現方法初めて見た、新しい表現だ…その時はそうなります。

そしてその新しいは長く続きません。

模倣する他団体が必ず出てきます。

別に声優業界に限らず、どんな業界、仕事でもそうですよね。

例えばコンビニ。

コンビニが登場した頃、あるのはほぼセブンイレブンだけでした。

コンビニが出てきたころ、24時間営業して人なんて来るの?

ヤンキーのたまり場になるんじゃないの?

なんていう、今じゃ考えられないような文句が多かったそうです。

新しいことをすると批判はつきものです。

でもコンビニの便利さに大衆が気付き普及してメジャーになってくると、大手各社がローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップ…と真似してどんどん増えてきて今日どこにでもあるのが当たり前になったわけで。

そして今現在はコンビニ各社が色々な新しいサービスを打ち出して競走しているわけです。

だから、常に新しい表現方法を模索し追及し続けます。

演劇表現が完成するなんて事はないわけですから。

可能性はある意味無限にあります。

ああ、なんて素敵な仕事なんでしょう(笑)

そんなわけで、6月のリーディングシアター、

声劇集団laid-backプロデュース

team.roughstyle第8回公演

「匣~in the Secret」(匣→ハコです)

にこうご期待下さい!

公演詳細はこちら

team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

舞台とライブ見に行ってきましたの巻

こんばんはバシケンです。

世間はGWですね。

4月29日は次回6月公演に出演する松原大典と舞台を見に行ってきました。

演劇企画 CRANQ 5th STAGE 『デッド・ビート・ダッド!』

出演者は

綱島郷太郎、上田晴美、吉田ボイス、佐久間紅美、白石涼子、原紗友里、上田燿司、松崎亜希子、伊藤かな恵、石井マーク、白石稔、船木まひと、渡辺克己…

おおう、すんごい豪華なキャストでした。

日替わりゲストもやばい。自分が見た日時は清水愛さん。

いやーすごく面白かったです(^◇^)

古き良き時代の日本の家族の絆…うーんいいなあ。

なんとなくこんな落ちなんだろうなあ…と予想出来てしまいましたが、それでも涙がホロリと出てしまいました。

松原誘ってくれてありがとぉー♪

でもね…

デッド・ビート・ダッド面白かったけど、6月後半にある某公演も面白いですよ!!

↓↓それはこちらです↓↓

6月21日(水)~25日(日)公演情報

4月30日は、友人がボーカルを務めるバンドのツアーファイナルに参戦。

SCREEN mode
LIVE TOUR 2017 Spring “SOUL”@東京:渋谷CLUB QUATTRO



勇-YOU-(声優「林勇」)と、雅友(サウンドプロデューサー「太田雅友」)によるユニットです。

食戟のソーマや黒子のバスケ、ガンダムビルドファイターズなどのオープニングやエンディングソングを歌ってるので聞いたことある人も多いのではないかなー。

こちらも次回6月公演に出る出演者と行ってきました~

藤本宏次郎と高井沙織です。

去年10月の特別公演『月想』で一緒だったので仲良いです(^◇^)

ライブの感想。

いやー上手いです。歌上手いのは当然として、途中のパフォーマンスやお客さんの盛り上げ方とか、トークも抜群でございました。

2時間15分ぐらいのライブ時間でしたが全然気にならずあっと言う間でしたね|д゚)

個人的に今日聞いた中で一番好きな楽曲は『極限Dreamer』です
ノリノリになれますヨ(^◇^)
↓ ↓

『極限Dreamer』

うん。

でもね。

でもね。

でもね…SCREEN modeのライブ面白かったけど、6月後半にある某公演も面白いですよ!!

↓ ↓

team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」