6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー たつや役『A金澤辰典』『B宮田幸輝』

『バシケン』
たつや役の金澤辰典君と宮田幸輝君にお話を伺っていきます。

『金澤』『宮田』
よろしくお願いします。

『バシケン』
金澤くんはteam.roughstyleの一員になって初の公演ですが、何か心境の変化などはありますか?かなり働いてるなって印象ですが。

『金澤』
働いてるのもありますし、やはり団体に所属したと言う事で、下手なことは出来んな、と。
今までみたいな自分の事だけ考えてゆるっとしてたり、何とかなるとかではなくて…。

『バシケン』
まぁ今までが特別ゆるいという訳では無いけど、より気持ちを新たにというかね。

『金澤』
そうですね、自分の事や役をなんとかしないといけない、メンバーなんでちゃんと引っ張っていかないといけないというのもある。あとはやっぱり皆さんがより良く、スムーズに稽古が出来るようにどうすればいいかな、とか…色んなものを考えられるようになって来てるのではないかなと!

『宮田』
真面目!えらい!

『金澤』
団体の事だから(笑)

『宮田』
そうね、団体の事だからね(笑)

『バシケン』
宮田くんは昨年10月の『月想』以来2度目の出演となるんですけども。月想の稽古では初めてのリーディングに苦戦していた記憶があります。
もちろん本番はビシっと決めてくれましたが、今回は最初からビシっと行ける感じでしょうか。

『宮田』
ビシっと…まぁ偶然今日の稽古で(宮下)栄治さんにすべったな!と言われたので、ビシッとは行けてないスタートだったんですが、本番までに間に合うようにはしていきたいですね。

『バシケン』
僕個人的には、月想の時よりは随分良い感じに見えた印象ですが。

『金澤』
前に少し話したんですけど、演奏の仕方に慣れたから余裕が生まれた、ってのは言ってたよね。

『バシケン』
良い意味で余裕が生まれたと。

『宮田』
そうそう!リーディングシアターと言うものの定義が分かったので。だから前回よりは、ていう感じかな?

『バシケン』
ではそこはもう、前回以上の物を見せてくれる、と。

『宮田』
そうですね、(演出の)青木さんにも苦しめって言われてるんでね、役者陣は産みの苦しみを感じてやっていきます。

『金澤』
そうですね、はい。

『バシケン』
かなり台詞量が多くて、長台詞など見せ場も豊富な役なんですけども、たつや役に対しての意気込みを教えて頂けたらなと。

『金澤』
今日の稽古を通して改めてたつやを見返した時に、この作品の中で1番苦しむのってたつやだなと。

『バシケン』
ほうほう。

『金澤』
色んな2番手というか、友人の事も考えないといけない、ゆめの事もある、カズヤの思いも分かる。
で、これは僕の想像ですけど、みつるや街への憧れとか自分のやりたい事もきっとあって…その中で色々揺れてしまって、1番苦しむのは実はたつやだなと。
だからそれをちゃんと理解してやりたいなと思いました。

『バシケン』
宮田くんはどう?

『宮田』
そうですねー、これブログ用でしたっけ?少し早いかも知れないですが…。
質問の通り、長台詞があってそこも山場かなと思って読んでたら、
ちょっとねー涙出てきたんですよね。

『金澤』
あっ、それ!俺もそう!読んでて泣いたあのシーン。

『宮田』
だよねー、だからそこを書いて良いのかはお任せするんですが…。

『金澤』
まぁ長台詞があって見せ場がだよって事だね。

『宮田』
そうそう…で、質問なんでしたっけ?

『バシケン』
たつやに対する意気込み、ですね。

『宮田』
そうでした!まぁ最初と同じこと言ってますが、極力スベらないようにしたいっす(笑)

『バシケン』『金澤』
軽っ!!(笑)

『バシケン』
金澤くんと比べて軽いよ(笑)

『金澤』
だから、そこもすごく出てるんですよね、宮田くんの方が落ち着いて見えるし、僕の方は余裕が無さ過ぎてガッってなってるところの。
そのたつやの差が今綺麗に出てる。

『宮田』
特別そういう訳でも無いんですけどね。
ちょっとこう、長台詞で涙みたいな部分もありますが、前半はハッチャけてテンション高いシーンがあるので、そこはもう存分に楽しみたいと思ってます。

『バシケン』
同じ役なのに差があって面白いですね。
ありがとうございました。では稽古も、本番も、よろしくお願いします。

★Aキャスト
金澤辰典
『誕生日』7月2日生
『所属事務所』無所属
『主な芸歴』
アプリ「戦国修羅SOUL」真田大助役
ラジオドラマ松本零士原作
「天使の時空船」マジモト役
CS「idolの乱」番組ナレーション
tvk「横浜見聞伝スター☆ジャン」
レンガット金澤役

★Bキャスト
宮田 幸輝(ミヤタ コウキ)
『誕生日』 10月11日
『所属事務所』株式会社レジェンドステージ、劇団/山田ジャパン
『主な芸歴』
舞台『じゃじゃ馬馴らし』蜷川幸雄演出
『とのまわり』山田能龍演出、
『最高の食卓』中村公平演出(自主公演)
映画『青の炎』蜷川幸雄監督

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー に役『A萱沼千穂』『B宇民祐希』

『バシケン』
では、に、という役の萱沼千穂さんと宇民祐希さんにお話を伺っていきます。

『萱沼』
にです。お願いします。

『宇民』
お願いします。

『バシケン』
では、に、という役なんですが…なんかすごいですよね、役名がになんですけど。意気込みを教えて頂ければと。

『萱沼』
前回の「狗傳 改め」では幼女役だったんですけど、今回はもう少し年齢が上ですけどそれでも子供で、ちょっと頭が弱い子なのかなと。

『バシケン』
でもそこが見どころなのかなと。

『萱沼』
はい、頭が弱い子だけどそこが見どころなんですよ。そこを表現する。いちと、れいとは別の役割を持っているというのをちゃんと演じていけたらなと思っております。

『バシケン』
そうなんですね。宇民さんは、見た目はもう80年代なんですけど(笑)

『宇民』
え、あらあれあれ、分かるんですか?言葉だけで汗

『バシケン』
大丈夫、後で写真撮るから(笑)

『宇民』
良かった、じゃあバッチリ決めていきましょう!扇子持ってくればよかったー

『バシケン』
はい、では意気込みを。

『宇民』
この流れから。パワーがないとなと。他の皆さんテンポが速いので負けちゃうかなと思うので。自分の課題でもあるパワーを出して。
空気を壊したくはないけどちゃんと自分がにだぞっていう存在感を出していけたらなと。

『バシケン』
パワーはね、座組の中で一番若いですから。

『萱沼』
最年少じゃないかな。最年少のはずなのに…

『宇民』
おっとっと。

『バシケン』
はい。では萱沼さんは二月公演「狗傳 改め」に続いての出演なんですけど。
連続出演の決め手になったものはありますか。

『萱沼』
前回出演して良かったというのが一番です。
稽古も含めてレベルが高くて。
出て良かったなとすごく思って。
「狗傳 改め」の時は大事な役だけど、台詞数はすごく少なかったんですが、
それでも見に来た人も全体的にとても良かったよと言ってもらえたので、ああまた出たいなと思いました。

『バシケン』
いやーありがたいです。では宇民さんは昨年「月想」に続いて二度目の出演なんですけど。
どのような気持ちで稽古に臨まれますか。

『宇民』
二度目の出演ということなので、前回のさらに上を行けるように。

『バシケン』
そりゃそうですね。

『宇民』
前回は男の子役で、結構しっかりした男の子だったんですね。

『バシケン』
そういえば…そうでしたね!

『宇民』
主人公の右腕ポジションの男の子というか男性という役だったので。
今回は男の子…?

『バシケン』
あ…そこはにごして…

『萱沼』『宇民』
ふにょにょにょにょ…

『宇民』
前は冷静な役でしたので。今回はアホですごく元気なので、そこの違いも見て頂けたらなと思います。

『バシケン』
では最後にお二人同じ役なんですけど。
お互いのお芝居を見て刺激というか、気になるところとかありますか。

『萱沼』
んー実は今の時点ではあんまり稽古場で会っていないので、今日二回目なんですけど。
やっぱり役の作り方が違う。
同じ役なんだけどダブルキャストで、れいもいちも作り方が違うので、にも違ってくるんじゃないかと思ってみてますね。
あーなるほど、あっちはああいうにだし、こっちはこういうにだし、みたいな。
刺激というと、もっとこっちも面白くてやる!とかはすこし思ったりしてます笑 が、
作り方が全く別なので、逆に両方見て楽しんで頂けたらなという気持ちはありますね。

『宇民』
萱沼さんと私の役作り、違いますよね。
表現も捉え方も違うので、二度おいしいと思います、見て頂くと。
ですのでもしお時間に余裕ありましたらAキャストもBキャストも両方見て、あれ、こんな役だっけ…みたいにもう一人の役として見てもらえたらなと思います!

『バシケン』
今回ゲストさんもAキャストBキャスト共に豪華なんでね。
両方見て頂けると嬉しいですね。
はい。ではジュリアナ東京でお待ちしていますってことで。

『宇民』
そうですね!みんなで扇子振りながら!

『バシケン』
間違えた、劇場でお待ちしてますですね。

『萱沼』
はい、中野ザ・ポケットで見て頂ければと!

『バシケン』
えーと中野ザ・ジュリアナ…じゃなくて中野ザ・ポケットですね。
では稽古も本番もよろしくお願いします。

『萱沼』『宇民』
よろしくお願いします!

★Aキャスト
萱沼千穂
『誕生日』5月28日
『所属事務所』株式会社スチール・ウッド・ガーデン
『主な芸歴』
吹替えアニメ「れいぞうこのくにのココモン」グリ役
ボイスCD&VRゲーム「全豚に告ぐ!これで痩せなきゃお前は終わりだダイエット」美鳥豆子役
「幻影のメサイア」マルゴット・ブライトクロス役

★Bキャスト
宇民祐希
『誕生日』10月28日生
『所属事務所』EARLY WING
『主な芸歴』
アプリ「輝星のリベリオン」(サンタクロース、ジャック・フロスト)
Laid Back & team.roughstyle 特別公演「月想」
外画「ドラゴンキングダム」(シリンガ)
アプリ「オセロニア」(金色 アルタイル)

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー  『A横堀宇太郎』『B栄拓海』

『A横堀宇太郎』『B栄拓海』のインタビューは児玉進吾君がやってくれました(^◇^)

『児玉』
今回は、横堀宇太郎さんと栄拓海さんにインタビューしたいと思います、よろしくお願いいたします。

『横堀』&『栄』
よろしくお願いします!

『児玉』
ではまず横堀さん、ワークショップに通っていてteam.roughstyleのweb関係者として大変だと思います。
今回の意気込みをおしえていただいてもよろしいですか?

『横堀』
役作りなどもそうですが、すべてにおいて自分にできることを一つ一つ確実にやっていきたいと思います

『児玉』
それに尽きるということですね!ちからづよい!

『横堀』
恐縮です(笑)

『児玉』
では、続いて栄さん。
前々回の「月想」以来の出演となりますね。
栄さんは舞台などで活躍されていますが、将来的は声優を目指す方向性なのでしょうか?

『栄』
そうですね。最近、声優さんの出演される舞台やステージを拝見しまして、色々活動していきたいという気持ちがより一層強くなりました。

『児玉』
では役者としてマルチに動いていきたいと?

『栄』
いえ!!声優としてこだわってやっていきたいですね!!!

『児玉』
こちらも力強い。ぜひ頑張っていただきたいと思います。
では次の質問です。
今回のリーディングの見所、おすすめの役者さんなどいらっしゃいましたら教えていただけますか?

『横堀』
team.roughstyleで初めて「集団asif」さんの藤丸さんの台本を使わせていただくわけですけども、もう本当に・・心を抉るすばらしい作品でして、
この題材をとったというそのものが大きな見所だと思います。

『児玉』
どのシーンが~とは決めきれないと

『横堀』
そのとおりです!
あと、気になる役者さんですが・・・・う~~ん・・

『児玉』
なるほど、居ない!

『栄』
(爆笑)

『横堀』
いえいえいえいえ!!!
選びきれないだけです!!!
個人的には高瀬さんです。

『児玉』
高瀬さん、力強いですよね。
栄さんはどうでしょう?

『栄』
ゆきのさんです!

『児玉』
食い気味(笑)即答ですね

『栄』
もちろん先輩方も含め皆さん足元にも及ばないすばらしい方々なのです。
ただ、役者としても+ファンとしてもという個人的意見を付け加えての回答です!!

『児玉』
はい、力強いです
そんな、力強い思いと言葉のお二人でした。
ありがとうございました

『横堀』&『栄』
ありがとうございました!

★Aキャスト
横堀宇太郎
『誕生日』3月28日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
team.roughstyle第7回公演『狗傳改め』
イ・カントーリ第5回本公演 オペレッタ『こうもり』

★Bキャスト
栄拓海
『誕生日』7月1日
『所属事務所』劇団HowlBell(ハウベル
『主な芸歴』
KBC九州朝日放送「とっても健康らんど」 サラリーマン/水虫
Laid Back & team.roughstyle 特別公演「月想」 荒波碇之助
劇団HowlBell第二回公演「一日探偵~死体なき殺人~」 剛力弾

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」

6月公演「匣~in the Secret」キャストインタビュー  『A大賀かや乃』『B春田南美』

『バシケン』
メイド・メリー役の大賀かや乃さんと春田南美さんにお話を伺っていきます。
よろしくお願いします。

『大賀』『春田』
よろしくお願いします。

『バシケン』
大賀さんは前二回公演の月想、狗傳改めと見て頂いたということで、念願の出演になるんでしょうかね。

『大賀』
最初は出演者さんからのお誘いで観劇させて頂いたんですが、なんだろうなあ…その当時は朗読劇と伺っていたので、最初は椅子に座って本を読むイメージだったんですけど。

『バシケン』
そうですね、朗読と言われると舞台上でね、座って本読んでる感じをイメージしますよね。

『大賀』
はい、でも月想を見て、なんだこれはと本当に…おお…と思って。
スタイル自体にすごく衝撃を受けましたし、ストーリーもすごく感慨深い物語だったので、面白い事されてる団体さんだなと思ったので、そこに関わらせて頂くのはすごい光栄なことですし、頑張ろうと思いました。

『バシケン』
ありがとうございます。春田さんはワークショップからの参加なんですけど、春田さんも公演を何回か見られてるとのことなんですけど。

『春田』
実はなんですけど、公演自体大賀と観に行ったんですよ。

『バシケン』
おおーなんと。

『春田』
月想の時は一緒に観に行って。狗傳改めの時は別々だったんですけど。
最初宣伝が来た時は朗読劇と言われてて。

『バシケン』
はい、みんなリーディングシアターと言わず朗読劇と言っちゃうんですよね(笑)

『春田』
でも別のところからはえ、舞台じゃないのと言われて。どっちなんだろうという気持ちで月想を見に行った時に、朗読劇ってこんなんだったっけ…?みたいな。
座って喋ってるイメージしかなかったので。
でもすごい熱量あるし、かと言って舞台でもないし…みたいな。

『バシケン』
結構実験的な感じなんですよね。新しいスタイルというか。
声優さんが演じるんだったらこういう風にやった方がもっと面白いんじゃないのっていうのを提示しているので。

『春田』
内容も時代物が大好きなので、月想は大賀の隣でずっと泣いていましたもん。狗傳改めも同様でした。
はあー、この団体さんに少しでも関われたらいいなと思っていて…ワークショップっていうのを聞いて、そういう技術を学べるんだと通い始めて、そこから今回出演することになって…。
もう、出演することが決まった時、えええ…?!もう言葉に表せないような状態で。
でも、出られるんだ…という嬉しい気持ちで。
でも大丈夫かな、いつか外されるんじゃないか…という気持ちもあります。

『バシケン』
うん、外す…いや、大丈夫そんなことないよ。多分大丈夫(笑)
では二人がお知り合いというのは今初めて知ったんですけど。
お互いの演技を意識するというか。そういうことはありますか。

『大賀』
同じ台本を読んで春田だったらどうするんだろうなっていう、役者としての興味はあります。
稽古中自分とは違った解釈で演じているので。それはすごく刺激にはなりますね。

『バシケン』
ほほう。春田さんはどんな感じですか。

『春田』
大賀さんだったらこんな感じで来るのかなっていう気持ちを持ちながら、実際見てみてああ、そうきたかと。じゃあ自分はどうするべきなんだろうと。
そこでダブルキャストなんで、じゃあ別の何か自分の中で出せたらなと考えています。

『バシケン』
はい。では最後に今回の公演の見どころを、ネタバレしない程度に教えて頂ければと。

『大賀』
見どころ…ありすぎて…(笑)

『バシケン』
ははあ…まだ自分でいっぱいいっぱいなところもありますかね。

『大賀』
それもありますね(笑)
今まで、二作品見させて頂いて、今回は作風が全く違うなっていうのは感じますし。
笑えるし泣けるし…感動出来るなっていうのは共通していると思うんですけど。
その…リーディングシアターならではの笑いとか感動。特に今回笑いはかなり多いと思うので。
その辺が今回の見どころかなと思います。

『春田』
自分は台本を初めてもらった時に最初すごい面白いなと思ってたんですけど後半…おおおーーんと…

『バシケン』
ほお、こうくるかーって感じですよね、後半。

『春田』
人間の理想ってそうだよなって気持ちもあり。
前回、前々回は時代物だったけど、今回はリアルな。

『バシケン』
現代物…のパラレルワールド的な感じですよね。

『春田』
そういった独特の世界の中のそれぞれのキャラクターの気持ちに着目して頂ければなと思います。

『バシケン』
分かりました。では稽古も本番もよろしくお願い致します。

『大賀』『春田』
よろしくお願いします!

★Aキャスト
大賀かや乃
『誕生日』6月17日
『所属事務所』フリー
『主な芸歴』
コント演劇Q商会 第3回公演・第4回公演
福岡インディペンデント映画祭2015 CM出演・授賞式MC担当
音楽ライブ多数出演

★Bキャスト
春田南美
『誕生日』6月29日
『所属事務所』株式会社リンク・エンタテインメンツ
KBC とっても健康らんど「在宅ホスピス」主婦役
映画 「なつやすみの巨匠」マナーアップ動画

6月公演詳細はこちら



team.roughstyle6月公演「匣~in the Secret」