ワークショップ講師インタビュー 宮下栄治

『バシケン』
では、講師の一人、宮下栄治さんにお話を伺っていきます。
講師をするに至った経緯というものはあるんでしょうか。

『宮下』
うーん経緯ですか…難しい話ですね…

『バシケン』
例えば、教える立場になりたいと思っていたとかは。

『宮下』
先生になりたいとかいう気持ちはあまりないですね。というよりは自分も声優の技術、心構えを確認しつつ…人に教えることによって自分も学べる、再確認出来るというところが大きいですね。

『バシケン』
でも実際、声優の専門学校とかで教えてる講師も自分の現時点の立ち位置の再確認も含めてという考えの方多いですよね。

『宮下』
そうですね、講師業をするチャンスを頂いたので、やりましょうという感じですね。

『バシケン』
では生徒さんに教えるにあたって注意している点などはありますか?

『宮下』
・出来ないことは言わない。
・机上の空論は言わない。
・理屈、理論に基づいて言う。
あと、自分の経験則に基づいて教えるっていうのは気にしていますね。

『バシケン』
しっかりした信念があるんですね。では今年一月から受講している生徒さんは二か月経ったんですが、成長は感じられますか?
(このインタビューは3月初旬に音声収録したものを書き起こしたものです。)

『宮下』
どうだろう、こればかりはね…まだまだ全然感じないですね。

『バシケン』
はっきり言いますね。

『宮下』
そりゃそうでしょう、二か月で現場で活躍出来るくらい成長したら苦労しませんよって話ですよね。

『バシケン』
そうですよね、何か指摘されて即座に演技を切り替えるとかはなかなか経験を積まないと難しいですよね。

『宮下』
声優、役者になりたいという気持ちが最初の頃よりは上がってきてる人もいますけど。それが技術の向上にすぐに直結するわけではないので。
結局言われたことに対して本人が何を考えて何を掴むかってことになるんですよね。
そこの感覚ばかりはね、磨くっていうよりは、自分で気付くってことの方が大事なので。

『バシケン』
いやあ…なかなか手厳しい意見ですね。

『宮下』
いやいやそりゃそうでしょう。二か月でこんなにうまくなりますよなんて、どこかの誇大広告じゃないんですから。

『バシケン』
確かにそうですね。ではこれからワークショップを受講する方がこれからも何人か出てくると思うんですけど、どんな心構えで来てほしいですか。

『宮下』
何かをもらえると思って来ないで欲しいなと。
自分で考える力を付けて欲しいので、自分がどうなりたいかというビジョンをしっかり持ってきて欲しいですね。

『バシケン』
例えば自分の声質はこうだから、こういう役が向いているんじゃないかとか自分で考えてくるとかですかね。

『宮下』
それも含めてなんですけど、実際問題自分が現場で求められるものっていうものは自分が思っているものと違うことっていうのは多々あることですし。
今自分が出来ることの自己分析と、プラスアルファ何が必要なのかっていうのを見つめ直す。
そして他人から盗む姿勢が大事ですね。

『バシケン』
他人の演技、ダメ出しから学ぶのは大事ですよね。
少人数制とは言っても、時間内に一人がずっと台詞や発声を行うことはないですからね。

『宮下』
そう、他の人のダメ出しとかも聞きつつ、じゃあ自分だったらどうするかっていうのを考える姿勢で望めば上達は早いと思います。

『バシケン』
なかなか現実的なご意見、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

↓ワークショップ詳細・申し込みはこちら【募集期限3月31日迄】

ワークショップ詳細・申し込み

ワークショップ生徒さんインタビュー

『バシケン』
ではワークショップの生徒さんにですね、稽古が始まって一か月たったので感想などを聞いていきたいと思います。
(この記事は2月初旬に音声収録したものを書き起こししたものです)
では福岡君という男の子がいるんですけど。こんにちは。

『福岡』
こんにちは。

『バシケン』
声優の勉強が初めてとのことなんですが、ワークショップに通うようになったきっかけはなんですか?

『福岡』
以前から芸能界には興味があって。
声優に興味を持ち始めたのは東京に出てからアニメ等をよく見るようになりまして。
そこでああ、声優っていう道もあったんだなと気付いたんですけど。
その中で一緒にワークショップ通っている方に声優になりたいです、っていうことを話していたところ、こちらを紹介して頂いて来るようになりました。

『バシケン』
では一か月通ってみて、どうですか?

『福岡』
本当に初心者なので分からないことばかりで…でも講師の方に一つ一つ丁寧に教えて頂いてもらっているので、ついていけてるのかどうか分からないですけど…やっていけそうではあります。

『バシケン』
まだ一か月なんでね。そこは自分のペースで頑張ってもらえればと思います。
では次にワークショップに通ってみてためになったことなどあれば教えて頂きたいんですが。加藤さん。

『加藤』
学生の時から声優の養成所に通っていたりしたんですけど…演技するときにいつも感情が出てないよってすごい言われていたんですね。
それってなんだろう、テンションのことなのかなあとか何が原因なんだろうと色々悩んでいたんですよ。
でもここに通うことになって講師の中田(俊輔)さんにイントネーションがおかしいというか。訛ってるからそういうところで感情が乗っていないとか具体的に指摘してくれて。
自分が普通にしゃべっていることが方言、訛っているってことで感情が乗らない原因の一つなんだなということが理解出来ました。

『バシケン』
ああ、なるほどね…色々な方々から中田(俊輔)君は教え方上手いと一定の評価を得てるんですけど、やはりそうですかね。

『加藤』
そうですね、上手いです。
もう一人の講師宮下(栄治)さんは全然違って、感覚派というか。

『バシケン』
宮下(栄治)さんは一言喋ったら、その台詞一言でこうなんじゃないの、ああなんじゃないのとズバッと指摘してくる感じですよね。

『加藤』
そうですね。中田(俊輔)さんはこういう風に喋ればこういう風に表現出来るよと詳しく1から全部説明してくれるので。
頭の悪い私にもわかるって感じです(笑)
宮下(栄治)さんの感覚っていうのは…実際にこういう感じだよ、とご自身で演じて下さるので、ああこういうことなんだなと、自分で感じれるかなと。
だから講師お二人のそれぞれの良さと特徴がはっきりしていて為になるなと思っています。

『バシケン』
ありがとう、上手い事まとめてくれたね。いい宣伝になります。(笑)大坪さんはどうですか?

『大坪』
今まで色々なワークショップや養成所に通っていたこともあるんですけど、こちらのワークショップですと本当に少人数制で講師の方がきちんと丁寧に適切なアドバイスをして下さるので、あくまで個人的な意見なんですけど…クラスの人数が多い養成所等よりも濃いレッスンを受けれているのかなと思います。

『バシケン』
そうですね、少人数制が売りの一つでもありますけど。養成所とか専門学校だと何十人とクラスにいるんで、レッスン内容によっては一人が台詞言う時間は5分とか3分とかというのもざらなんで。

『大坪』
あと先日中田(俊輔)さんのレッスンで言われたのが、台本の中でビジョンとか、情景、絵をきちんと想像してから言葉を発してとよく言われて。最初に台詞があるのではなくて、これがどういう情景なのか、どんなキャラクターなのかとか、しっかりと良く自分でイメージとかビジョンを持つことで台詞がこんなにも変わるんだな…と実感しております。

『バシケン』
ためになってるみたいですね。ありがとうございます。では最後に将来…どんな声優になりたいとか福岡くん、ありますか?

『福岡』
えーと…自分の一番尊敬している、心の中で一番大好き、聞いててうれしいなという声優さんがいて。その人のポジションに近い存在になれればなと思っています。

『バシケン』
え…誰それ。

『福岡』
えーと…藤原啓治さんなんですけど。

『バシケン』
おお…相当大きく出たけど、大丈夫?(笑)まあいいですけど。

『福岡』
昔からクレヨンしんちゃんとか色々見てて、でまあ今でも一番色々な作品でこの人の声聞いたらうれしいなって思ってます。

『バシケン』
ワイルドでもあるしコミカルな演技も出来て。すごい人ですよね。

『福岡』
なんで自分が芸能界に興味を持ったかっていうと、今まで自分の人生の中でアニメとかドラマで楽しいなって思っていたように、自分の演技を見てそう思ってもらいたいというのが一つの目標で、夢ですね。

『バシケン』
福岡くんの夢が、このワークショップによって少しでも手助けになれれば幸いですね。長々とありがとうございます。これからも頑張っていきましょう。

↓ワークショップ詳細・申し込みはこちら【募集期限3月31日迄】

ワークショップ詳細・申し込み

■声優・役者養成ワークショップ二次募集のお知らせ■

『アニメや外画吹替で活躍する現役声優さんが直接指導!』


『成績優秀者は有名声優と一緒に舞台に出れる特典有!』



こんにちは、声劇集団laid-back主催のバシケンです。

2016年10月の公演『月想』では新宿の有名ホールで全8回、約1000人動員。

2017年もteam.roughstyle2月公演「狗傳 改め」をプロデュースし700人弱動員と好評を得ました。

有望な人材を求める為今回二次募集を掛けさせて頂きます!是非当ワークショップで実力を磨いて未来の声優としての足掛かりにして下さい!

■初回見学無料

見学は初めての方に限り無料です。お気軽にお問合せ下さい。

■ワークショップ内容

現役の声優として活躍するteam.roughstyleの看板役者二名が芝居の基礎から応用まで個別に丁寧に教えます。

■追加募集人数

最大5~6名程度
※1クラス最大10名。少人数制ですので細かい指導が可能。

■開催日時

月4回。
土曜又は日曜の19~21時
※稽古場自体は18時~22時で確保してありますので前後の時間で自主練等も可能。

■会場

都内稽古場。

■参加料金

月4回12,000円

■募集締め切り日時

2017年3月31日
※定員に達し次第募集を締め切らせて頂きますのでご了承下さい。

□■講師紹介■□

■宮下栄治

声優・アプトプロ所属。

team.roughstyleの看板役者。
声優としてこれまで数々の著名な作品に出演。
有名専門学校で講師の経験もあり。

□主な出演作品

『TVアニメ』
・刀剣乱舞-花丸-(次郎太刀、岩融)
・機動戦士ガンダムUC RE:0096(マルコ)
・暗殺教室(菅谷創介)
・蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-(橿原杏平)

『海外アニメ』
ミュータント タートルズ(ラファエロ)

『ナレーション』
救命病棟24時(番宣ナレーション/フジテレビ)
ホンダ・ステップワゴン 「隠れるシート・エコアシスト」(ウルトラマンダイナ)

他多数。

■中田俊輔

声優・プロダクションエース所属。

team.roughstyleの看板役者。
役者はもちろん、演出や舞台製作など手掛ける仕事は多岐に渡る。
その教え方は非常に理論的で分かりやすいと評判。

□主な出演作品

『TVアニメ』
・私がモテてどうすんだ(2016年10月~放送)

『ゲーム』
・chariot(Wii U)
・fallout4(PlayStation4等)

『ナレーション』
・高校講座保健体育

『海外アニメ』
・アバター伝説の少年アン
・リックアンドモーティ
・悪魔バスター★スターバタフライ(ディズニーチャンネル)

他多数。

※上記二名以外にも不定期で演出家・脚本家を講師として招く予定。

■お申込み・お問い合わせ■

メールでのお申込み:件名に「ワークショップ申し込み」、本文に必ずお名前とご連絡先の電話番号またはアドレスをご記入ください。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

■mail

laid_back_koushiki@yahoo.co.jp

■HP

声劇集団laid-back
http://shin-scopion.com/

team.roughstyle第七回公演「狗傳 改め」無事終了!!

千秋楽終了~打ち上げオールでぐったり死んでたバシケンです。

team.roughstyle第七回公演「狗傳 改め」(くでん あらため)
全8公演、無事終了致しました!

ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

25日19時の回ではサプライズでゆっぽ(井口祐一・高瀬泰幸)が前説してくれました。

バシケン的には25日19時の回が見てて一番出来が良かった。
神回でしたね。

そして26日千秋楽公演終了後のカーテンコールではバシケンからサプライズ告知させて頂きました。

「狗傳 改め」再演決定致しました!!

公演中の楽屋で、宮下栄治がバシケンにポツリと言いました。

「狗傳はこんなもんじゃないんだよ。4年前の狗傳をバシケンに見せたかったよ」

そう、「狗傳 改め」は4年前好評だった第二回公演「狗傳」を加筆修正したお話です。
今回も好評で台本が楽日を待たず売り切れる程良い話ですが、色々な面で納得出来ない。未熟な部分も多々ありました。

だったら、またやろう。

「真・狗傳」

「狗傳改め改め」

「またまた狗傳」

「忘れたころに狗傳」

…どんなタイトルになるか分かりませんが、近い将来…準備が出来ましたらパワーアップした狗傳をお客様にお届けします。

楽しみに待っててくださいね。

最後に…バシケン的に公演中最も印象に残った役者二人について書きます。

★松原大典

松原はバシケンとは専門学校時代の同級生なんです。

前回、2016年10月公演「月想」の千秋楽に同じ事務所の先輩私市淳さんが出演していた縁で松原が見に来て10年以上振りに再会。

その後も縁があり、とんとん拍子に話が進んで出演が決まり。

主要キャストの一人伊東甲子太郎を演じました。

この人ね、大車輪の如く動いてくれました。

ゲストなのに場内整理やってくれたり。

役者一同におにぎり握って持ってきてくれたり。

頼んでもいないのに新人役者に演技指導してくれたり。

ありとあらゆる面で協力してくれました。

本当にありがとう!

★宮下栄治

この人顔写真でアピールするの嫌がるのでまたこの写真です(笑)

今回宮下栄治が演じた永倉新八ですが、役作りとしてはほぼ普段の宮下栄治と同じような感じだそうです。

つまりは宮下栄治が永倉そのものになったと言ってもいいくらいで、
team.roughstyleの中田俊輔が宮下栄治の演じる永倉が大好き過ぎる、と言っていたようにはまり役でした。

ああいう豪快ながらも同時に哀愁や悲壮感を出すのってなかなか出来る人がいないです。

いやーああいう男、かっこいいですよね。

栄治さんお疲れ様でした!次回もよろしくお願いします!

■次回以降公演告知■

6月21日(水)~25日(日) 中野ザ・ポケット

10月6日(金)~9日(月祝) 築地ブディストホール

※詳細情報は随時ブログ・Twitter・公式サイト等で告知していきます。
お楽しみに!

↓公式サイト

公式サイト