しず役 伊津美志の・村瀬美帆 役者インタビューその7

↓公演情報はこちら

二月公演情報

『バシケン』ではしず役のお二人にお話聞いていきます。今回のリーディングの見どころはなんでしょう。

『村瀬』見どころは…男性陣はもちろんのことなんですけど、女性陣には女性陣の誠、戦いがあるんです。なので男性陣は目立つんでもちろん見て欲しいんですけど、女性陣の心の戦い、女性陣が持ってる誠っていうのを見てもらうとうれしいなって思います!(終始テンション高め)

『伊津美』女性陣は男性陣とどうやって関わっていくか…みんなそれぞれ違うので、その中で女性陣特有の誠を見て頂いたらなと思います。

『バシケン』女性の戦いがあるわけですね。では役を演じていて楽しいところ、難しいところはありますか。

『伊津美』自分が楽しいと思って演じていても楽しいと聴こえないと言われるところとか…自分は普段そんなに楽しくない感じで生活してるのかなって思うんですけど…(笑)役が楽しんでいるのと、自分が楽しんでいるのとは違うんだなって感じているのが一番難しいところです。
楽しいところはあまり深く考えず新選組の方々と自然に関わっていくのが大事な役だと思うので、上手く関わっていけるよう、あまり暗いところがない明るいままの気持ちで演じてるのがすごくいい役だと思います。

『村瀬』今まであんまりおばちゃんみたいな役を演じたことがないのでそもそもおばちゃんてなんだろうと試行錯誤しておりまして…楽しい場面は明るく盛り上がって、しんみりしてるシーンでも一人馬鹿みたいにやっほーい!ってなってる人、そういうハイテンションな場面が多いので演じていて楽しいなと。物語の傍観者的な部分もありますし。
役得な部分が一杯あるかなと思います!(終始テンション高め)

『バシケン』テンション高いですね。文章で上手く表現できないのが惜しいです(笑)ではダブルキャストの相手に刺激を受けることはありますか。

『伊津美』刺激受けっぱなしというか。あまり一緒に稽古出来る日がないんですけど、一度見た時は自分と全く違うアプローチがあって。ああ、こういう明るいのがしずだなって私には見えたので、相手の役の方に追いつけ追い越せ状態で最後まで頑張りたいです。

『村瀬』私はですね!志のちゃん自身がザ・いい女じゃないですか!!誰が見ても!!もう雰囲気もだし、あとやっぱり年上の女性を演じるのが板に付いている感じがするんですよね。だから声も演技も全部吸収させて頂いています!(終始テンション高め)

『バシケン』はい…圧がすごいですね(笑)では最初に台本を読んで何役をやりたいと思いましたか?

『伊津美』まきです!

『バシケン』まき…いいよね、まき。

『伊津美』はい。でもほんとの初見ではしずがやりたいと思っていたんですけど、まきの暗い過去の部分に憧れるところがあるので。

『バシケン』ちなみに、暗い過去あるんですか?(笑)

『伊津美』…多分あります(笑)実はすごい暗い過去が(笑)

『バシケン』はい(笑)あ、これ冗談ですからね。では村瀬は。

『村瀬』なんだろう…でも…どの役も魅力的だったので…男性陣も含めてやりたかった!んですけど性別の壁があったのでそこは諦めるとして、女性陣はどの役も見せ場があるし、かわいらしいところがあるのでどの役でもやりたかったです!(終始テンション高め)

『バシケン』では最後に意気込みありましたら一言お願いします。

『伊津美』『村瀬』…

『バシケン』なかったらこのまま終わるけど。

『村瀬』あるあるあるある!では伊津美さんどうぞ。

『伊津美』(笑)はい、周りの方がすごい方達ばかりなので…勉強させてもらってるっていう。そんなの見に来て頂ける方たちにはそんなの関係ない話だと思うんですけど、でもいい影響を受けながら役をもっといいものにして舞台全体を通して楽しんでもらえるようにがんばります。

『村瀬』戦いのシーンは迫力があって、落ち着いたところはシリアス、そんな舞台なので、リーディングですけど!もう本当に臨場感たっぷりに演じていきたいと思います!私も頑張ります!(終始テンション高め)

『バシケン』はい。このテンションが通じないのが残念ですね(笑)では本番もよろしくお願いします。

『伊津美』『村瀬』よろしくお願いします!

↓伊津美志の扱いチケット予約はこちら

チケット予約

↓村瀬美帆扱いチケット予約はこちら

チケット予約

浅野役+記者役+演出助手 金澤辰典  役者インタビューその6

『バシケン』それでは、今回出演するにあたった経緯を教えてください。

『金澤』えー、出演するのは四回目になるんですけど、護雄(ごう)という作品があって、そこに出演したのからずっと金澤一緒にやろうよと(宮下)栄治さんだったり中田(俊輔)さんから声掛けて頂いてという感じですね。レギュラー参戦みたいな。

『バシケン』もうほとんど劇団の人みたいな感じだね

『金澤』(笑)そんな感じですね。

『バシケン』多分頑張る人だから、引き続きずっと呼ばれ続けてると思います。

『金澤』ありがたいことです。

『バシケン』では今回のリーディングの見どころはなんでしょう。

『金澤』新選組を題材に扱うんですけど、普通は立ち回りとかアクションがあるのかなって思われるかもしれないんですけど、声優が集まっているリーディングだからこそ、動きはないけれども声の演技でアクションに負けないくらいの緊迫感、迫力だったりとか、命のやりとり、せつなさ儚さなど見てもらえたらなと思っております。

『バシケン』なるほど。では、役を演じていて楽しいところ、難しいところがあったら教えてください。

『金澤』史実的には浅野薫という新選組の隊士をやらせていただくんですけど

『バシケン』浅野って史実でいるんだ。

『金澤』そうなんですよ、歴史では後々沖田に殺されちゃうんですけど…史実と劇中でやっていることは一緒なんですよね、あとは物語が始まるきっかけである新聞社の記者をやらせていただくんですけど、新選組の方はやりたいことが決まってるしテーマが明確なんですけど、記者の方は日常生活の会話から始まるからそれが難しいなと。

『バシケン』役として新選組にどっぷり漬かってるから切り替えるのが難しいみたいな。

『金澤』新選組の方が命のやりとりとか恐怖感とかもうテーマ決まってるじゃないですか。でも記者の方って普通の一般人として本当に日常を切り取ってお届けしなければいけないので。それが日常生活って逆に難しいんだなと。逆に何にもないからこそ難しいなと思いましたね。

『バシケン』そうなんですね。えーでは今回、演出助手をやることになったんですけど。

『金澤』そうですね(笑)

『バシケン』なんででしょう?

『金澤』元々演出やってるきよちゃん(青木)と何回か舞台をやらせて頂いて、その時から裏方を手伝ってたりとか、製作周りとかをなんとなくわかってるので、大体一緒にやるときはサポートに回るってのが常だったんですよ。
前回からもラフスタって人数少ない中でやってるからこそサポートで入れる人が欲しいということで声を掛けて頂いてやらせてもらっています。

『バシケン』前回はね、出演者が多すぎて首脳陣が一杯一杯な感じでしたからね

『金澤』前回はね…多かったもんだって…多すぎた多すぎた。あれこそサポートいないと無理でしょって感じでしたから。
ですから前回からちょろちょろやってはいたんですけど。それの延長みたいな感じですね。

『バシケン』具体的には何をやってるんでしょう。

『金澤』演出が次の稽古はどこのシーンやるんで伝えておいてくださいとか、こういうのが
何日まで必要なんで用意しておいて下さいとかいうのをみんなに伝えたりとか、あとみんなから要望とかがあったら意見をまとめたり、上層部との橋渡しをしたりとか。今んとこはそういうのが多いですね。
あとはスタッフさんが見えたらこのシーンはこうですとか、照明変わりますとか伝えたりしないといけない。

『バシケン』なるほど。いれば安心みたいな感じですね。
では他の出演者で一押しの方がいたら教えてもらえますか。

『金澤』僕今回やっと、はらさわ(晃綺)さんと役として絡めるんですよ。四回目にしてやっとはらさわさんと芝居が出来るんですよ。

『バシケン』え、そうなの?

『金澤』はい(笑)シリーズ通してほどんどはらさわさんと絡んでないんですよ。だから楽しみです。はらさわさんがたまにふっと出す怖さですね。あれが近藤とピッタリなのではらさわさん注目ですね。

『バシケン』最年長で、キャリアも豊富な方ですからね。ありがとうございました。本番もよろしくお願いします。

『金澤』よろしくお願いします。

↓公演情報はこちら

二月公演情報

↓公演のご予約はこちら

チケット予約

伊東甲子太郎役 松原大典 児玉進吾 役者インタビューその5

↓二月公演「狗傳 改め」詳細はこちら

二月公演情報

『バシケン』えーでは伊東甲子太郎役のお二人にお話を伺っていきます。よろしくお願いします。では今回出演するにあたった経緯を教えてください。

『児玉』僕は前回出演させて頂いたのでそのままお願いしますみたいな。

『バシケン』今回の演目をやると決まった時に、伊東甲子太郎はとりあえず児玉でしょってすぐなったみたいだけど。

『児玉』そう聞きました。一番最初から僕はどんな役かも教えられてなくて。でも作品の中で児玉君にピッタリの役があるからって言われ続けてて。だからどんなのだろうってプレッシャーしかなかったんですよね。

『松原』僕はチームラフスタイルとレイドバックさんに縁をたくさん感じて。バシケンは専門の頃の同級生でクラスメイトだし、演出の青木さんは別の仕事で何度も一緒にお仕事させて頂いたりとか。前回の公演月想に僕の先輩私市淳さんが客演で出ていたり。近藤役のはらさわさんとはお仕事ご一緒したことはないんですけど二年連続ぐらい一緒にキャンプ行ってるぐらいで。

『児玉』そうなんですか!?プライべートな繫がりが(笑)

『松原』だからこの劇団はすごい知り合いが多かったのと、丁度舞台経験してみたいなと思っていたんで。あと宮下さんの前回の芝居に惚れたんで。

『児玉』いやーかっこよかったですよね。

『松原』なのでもし次の機会ある時はお願いしてもいいですかってことで今回出演させて頂くことになりました。

『バシケン』では今回の見どころはなんでしょう。

『児玉』前回よりかは立ち回りのシーンでドタバタ動き回ったりっていうのは少ないかもしれないですけどその分人情というか、気持ちの掛け合い、戦いっていうところが多いのでその辺を見て頂きたいですね。

『松原』アニメでもないですしファンタジーでもない史実なのであんまり脚色とかそういうものもないですし見る人によっては知ってる事実なので。新選組終焉の辺りの話なんでその辺りでお客さんにどうその時代の人たちの生きざまを伝えてあげれるか。人間愛とかそういうものを見て頂ければと思います。

『バシケン』では役を演じていて楽しいところ、難しいところがありましたら教えてください。

『児玉』いやー…さっきも言った通りこの役は合うから、自分自身に出来るからと言われてたんですけど。伊東甲子太郎自体がすごく頭のいい人で目配り気配りとかが狡猾な方なので、難しいですよね。落としどころというか、落としきれるまで深く落とさないと。いつまで経っても伊東甲子太郎っていうものを演じれないというか、中途半端なものになるので。児玉甲子太郎になっちゃうので。

『バシケン』なるほど(笑)

『児玉』そこらへんが非常に難しいですね。

『バシケン』でもその落としどころが上手く嵌まると楽しいと。

『児玉』そうですね。

『松原』楽しいっていう部分は多分この台本の役の中で一番自由に演じれるというか。さっき脚色はあんまりないと言ったんですけど…近藤とか永倉とか固定的なイメージがあるなかで、表現のふり幅が大きく出来るのが伊東甲子太郎だと思うのでその辺はやっていてやりがいがあるんですけど。その分ふり幅がありすぎてやりすぎてもダメだしやらなすぎてもつまらない…あと伊東甲子太郎がどうやって人の心を巻き込んでいったんだとか。頭のいい人なんで、そこも含めて難しいなと思いますね。

『児玉』いい意味でも悪い意味でもぶっとんでますからね。

『バシケン』確かに。ではダブルキャストですが、お互い刺激を受けることはありますか。

『児玉』全然ありますよ。僕的には松原さんが年上でもありますし演技としても役者としても先輩なので色々勉強することがあります。

『バシケン』あれ、年上だっけ?

『松原』えーと…俺さんじゅう××…

『児玉』ああ?!そうなんですか?!下でした!

『松原』(笑)

『児玉』上だと思ってた。でもそのくらい貫禄があるってことで(笑)でも役者としては先輩ですし自分の思いつかないお芝居をされるので、すごく勉強になるんです。

『松原』僕自身声優の仕事中心で舞台芝居っていうのは今まであんまりやったことがなかったんです。自分自身は今かなり(役作りで)苦しんでいますけど…相手の児玉さんが演じるところを見たときに…やっぱりわかるんですよね、なんで児玉さんにいい役があるよってなっていたのかと。声を聞いた時の一言目とかの「あら」とか、「ねえ〇〇さん」とか言った時のいやらしさというか、人柄が見えてくるんですよね。それが僕はうらやましいですね。役を作るとは別で、児玉さんは普通にしゃべるだけで意味深な、ちょっと裏がありそうな声なんだなと言う意味ではすごく役に合うなと思いました。

『児玉』気持ち悪さみたいな…

『松原』いや、いい意味でね(笑)いい意味で気持ち悪さがあります(笑)

『バシケン』分かりました。じゃあすごく長くなったんで、この辺で…(笑)

『児玉』(笑)後で編集が…

『バシケン』そう大変になるんで(笑)ではよろしくお願いします。

『松原』え、最後に一言とかないの。入れなくていいの。

『バシケン』あーではあれば。

『松原』いや特にないですけど(笑)

『バシケン』分かりました(笑)では本番もよろしくお願いします。

★↓チケット予約はこちら↓

[松原大典扱い 予約フォーム]

[児玉進吾扱い 予約フォーム]

「狗傳 改め」まき役・相川なつ 小春役・萱沼千穂 インタビューその4

↓二月公演情報はこちら

二月公演情報

『バシケン』では今回出演するにあたった経緯を教えてください。

『相川』前回の公演月想に出させて頂いて、今回この舞台もどうということで出演させていただくことになりました!

『萱沼』私は前々回の公演に同じ事務所の子が出演していて、今回もオファーを頂いて同じ事務所で誰かいませんかっていう形で白羽の矢が当たった形です。

『バシケン』今回のリーディングの見どころはなんでしょう。

『相川』うーん…それぞれの生き方。それぞれの役の生き方が見どころだと思います。

『バシケン』幕末ですからね。

『相川』女性陣には女性陣の生き方があるし、新選組の人達もそうだし、攘夷の伊東さんとかもそうですね。

『バシケン』役を演じていて楽しいところ、難しいところを教えて下さい。

『相川』まきは基本的に難しい役だなと思っていて…自分の本心を隠しているところとか強がっている部分が多いので…なかなか難しいんですけど、難しいからこそやり甲斐があるなと思います。

『バシケン』女性の中では一番美味しい役だと思うんですけどね。

『相川』そうですね、頑張ります。

『萱沼』小春は、まき、しずと違って自分に近い年齢とかではないので…そこが難しいところでやりすぎるとキャラクターになっちゃうしやらなすぎると大人になっちゃうしで難しいかなと思います。

『バシケン』ははあ。他の出演者で一押しの方がいたら教えてください。

『相川』難しいなあ…でも私的には中田(俊輔)さんが一押しなんですけど。前回月想に一緒に出演させて頂いた時は中田(俊輔)さんって女口調のオカマみたいな役だったので。そのお芝居のイメージがすごいあったんですけど。今回はクールな藤堂役なので。前回からの差がすごい面白いなと思います。

『萱沼』えーと正直まだ現時点でキャスト全員の名前が分かっていないんですけど(汗)宮下(栄治)さんと児玉(進吾)さんが見ていてあーすごいなって思うところがあります。

『バシケン』あー永倉と伊東甲子太郎ね。いーよね。では今回ダブルキャストですが、同じ役の相手に刺激を受けることはありますか。

『相川』ありますよね。同じ役でもその人によって全然演じ方とかアプローチの仕方とか違うんで。刺激は受けますけどマネしないというか…勉強になる部分はあるけど自分なりのやり方をしていきたいなと思っています。

『萱沼』大体同じ意見なんですけど。小春も子供の役の作り方って全然違うと思うんですけど、相手とは違う小春を作りたいなと。自分なりの小春を出せるように。でも相手の演技を見るとああするんだ、こうするんだって刺激になりますね。

『バシケン』では最初に台本を読んで何役をやりたいと思いましたか。

『相川』悩んだんですけど最終的にまきがやりたいなと思っていたので…実際まきになってよかったです。

『バシケン』おーそれは良かったです。

『萱沼』わたしは逆に(老けの)しずとかがやりたかったのでまさかの小春か…みたいな。まさか子供がくるとは、という驚きがありました。でもやり甲斐はありますよね。

『バシケン』しずがやりたい理由みたいなのはあったんですか。

『萱沼』台本を読んでいて面白そうだなってところがあってやりたいなと思っていたんですけど…蓋を開けてみると、小春がとてもやりがいのある役で、普段やらない子供の役なのでしっかり勉強しつつものにしたいですね

『バシケン』ではありがとうございました。本番もよろしくお願いします。

『相川』『萱沼』ありがとうございました。よろしくお願いします!

↓相川なつ扱いご予約はこちら

相川なつ・チケット予約

↓萱沼千穂扱いご予約はこちら

萱沼千穂・チケット予約